記事一覧

私が作った今週の民主党の動き

10月4日(金)
 民主党の幹事長室で、民主党の今週の動きが分かるような簡単なニュースレターを作ってくれという要望の元い、以下のようなものを作りました。
 しかし、内容が“過激”過ぎるということで却下されました。例えば、落選議員は民主党の宝という部分が過激だそうです。このレターは民主党の県連と各級議員、それに落選中の議員に配信するものです。
 民主党の動きがよく見えないという指摘があり、作ったものです。面白くなければ読んでくれません。そこで、以下のようにしたわけですが、どうも気に入らなかったようです。そのままお蔵入りするのも何ですから、アップ致します。

 民主党なう(民主党の動きが一目でわかる)
臨時国会開催を前に部会の動きも活発化
 臨時国会の開催が近づいてきましたので、党内の部会も活発に動き出しました。今国会に提出予定の法案の研究をし、基本的には民主党としての対案を出す、ということを原則に部会での議論を進めています。

民主党の増税は社会保障改革と一体である
 アベノミクスに対抗する民主党案を作成するための「暮らしを守る研究会」の第一回全議員政策懇談会が開かれました。懇談会には小幡績慶応大学准教授、藻谷浩介日本総研主任研究員、山口義行立教大学教授の三人が講師として、アベノミクスに対して辛口の批評をしました。
 ちょうど、その日には安倍総理が来年4月から消費税を3%引き上げることを記者発表する日で、参加した議員からも「民主党が消費税を上げる決定をしたのは、あくまで社会保障を改革するための財源を確保することが目的、それにも拘わらず、自民党は法人税の引き下げには熱心だが、社会保障にはほとんど目がいっていない」と厳しい声が上がりました。

分厚い地方組織づくり
 海江田代表、大畠幹事長と幹事長室のメンバーが今週も積極的に全国を回りました。
 「民主党は頭でっかちの国会議員中心の党」という厳しい批判があるのを受けて、地域を支えている地方議員や党員の声をしっかりと聞き、“分厚い”地方組織をつくるために、組織改革に取り組んでいきます。どしどし、声を本部に寄せてください。

落選議員は民主党の宝
 前回の衆議院選挙では134人の新人議員が落選しました。また、参議院選挙でも38人の議員が落選の憂き目を見ました。選挙対策本部では落選された議員の皆さんと面談を続けています。
 民主党が次の選挙で政権を取るためには、落選した皆様が揃って当選することが条件です。落選中の議員の皆さんはいわば、民主党の宝です。再選の条件作りのために、本部としても全力をつくしますので、ともに頑張りましょう。

維新を跳ね返す一勝
 27日開票の堺市市長選挙は民主党が推薦した候補が勝利しました。関西地方ではこれまで維新主導で民主党は厳しい選挙を強いられてきましたが、大阪府連を中心にきちんと選挙態勢を組み、団結の力で勝利を勝ち取ることができました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー