記事一覧

壊滅的な敗北、申し訳ありませんでした

7月22日(月)
 参議院選挙が終わりました。民主党は壊滅的な敗北を喫しました。ある程度予想されたこととはいえ、やはり、ショックです。
 私も山形、熊本、東京、埼玉、地元と応援に駆け回りましたが、全体的に見て、有権者の関心が低かったことは確かです。街宣車に乗って応援したのですが、子供以外、余りに少数の人しか注目してくれなかったので、低投票率を心配していましたが、こちらも現実になってしまいました。
 東京都議会選挙の時に参議院と都議の数は大体同じだろうと予想していましたが、こちらもほぼ同数になってしまいました。
 さて、どう民主党を立て直したらいいのか?すぐに答えが出てきません。民主党政権に対する失望感が大きすぎて、期待するという気持ちが国民の間にでてこないのが最大の敗因です。
 これを払しょくするには、時間がかかります。私は選挙中にアベノミクス批判に演説の大半を割きましたが、大臣経験者はどうしても、民主党は「あれもやった、これもやった」という話ばかりで、これがかえって、反発を買ったのではないかとも思います。
 私はいずれ近いうちアベノミクスは失敗すると思います。国民生活を掛けた“実験”ですから、失敗すれば、そのつけは直接、国民に回されます。支持率が高ければ高いほど、転落も早くなります。その時の受け皿に民主党がしっかりなれるように、準備をすることが一番大事だと思います。
 ご支援を頂いた方々には本当にありがとうございました。なんとか踏んばらなければならないので、引き続きご支援を頂ければ幸いです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー