記事一覧

安倍内閣高支持率の不思議

7月2日(火)
 今日は国会見学の方がいらっしゃるので国会に出てきましたが、登院のランプがついていた議員は私を含めてたった4人でした。ほとんどの議員が地元に帰って選挙の準備をしているようです。
 それにしても不思議なのは安倍内閣の支持率が高止まりしていることです。東京新聞の世論調査によれば、憲法96条の改正は反対が44.4%、賛成が37.5%、憲法9条についても改正に賛成は39.2%、反対44.4%となっています。
 また、原発再稼働についても賛成27.1%,反対54.8%(賛成、どちらかといえば賛成、同様に反対、どちらかと言えば反対を含む)となっていて、安倍総理が進める改憲と原発再稼働に反対する意見が多いにもかかわらず、安倍内閣の支持率は60%程度を維持しています。
 政策はよくなくても景気さえよくしてくれればいいと国民は考えているのでしょうか。でも、実際には食用油やガソリンなどの値上げが相次いでいるにもかかわらず、給与が上がったのはごく一部の大企業のみで、差し引き生活費がマイナスになっている方が多いのに、この結果は解せない感じがあります。
 あまりに長きに渡って続いた不景気風をひょっとしたら吹き払ってくれるのではないかという期待が、いかに国民の間に強いかを示しているのかもしれません。
 しかし、残念ながらお金を刷り増すだけで、景気が良くなるはずはありません。株価が上がって都市部の土地が上がって、ごく一部の人はいい思いをしたかもしれませんが、大半の庶民にとっては無縁の話です。やはり足を地につけて社会保障改革に取り組み、持続可能な制度を作り出すことが遠いようでも景気をしっかりするための、第一歩です。
 冷静になって、本当にアベノミクスが自分の生活を良くしてくれるのか、はたまた、アベノミクスの強引なやり方で、庶民がどれほどの負担を今後負わなければいけないのか、考えて欲しいと思います。
 私は明日から北方4島へのビザなし訪問に行ってきます。毎回、議員の参加は二人に限られていますので、ちょうど、参議院選挙の告示日と重なってしまいました。選挙ももちろん大事ですが、元島民やその家族の方と一緒に訪問する機会も重要ですので、しっかりと国後島、色丹島を見てきます。後日、報告いたします。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー