記事一覧

映画「レナードの朝」を思わせる、アベノミクスの余りに早い凋落

6月6日(木)
 昨日、安倍総理が第三の矢を放ちました。しかし、市場は518円安で応えました。これまでにも度々、指摘してきたように、ただお金を大量に刷りますだけで景気が良くなるはずはありません。
 アベノミクスを考えるたびに思い出すのが、昔見た「レナードの朝」という映画です。ロバート・デニーロが演じる患者とロビン・ウィリアムスが演じる医者の話です。難病で何年も寝たままの状態だったデニーロが、ウィリアム医師が投じた薬によって、30年ぶりに目をさます。そして、突然、以前と同じように話ができるようになり、外出もする。しかし、薬の効果も数日しか持たずに、またもとの何の反応も示さない患者に戻ってしまうという、実話に基づいた映画でした。
 日本経済も失われた20年を超えて、元気が出ませんでした。アベノミクスという薬によって、この半年ほど元気を取り戻したかに見えましたが、薬効もなくなり、もとの状態に戻りつつあるようです。
 しかし、単純に元に戻れる訳ではありません。大量にばらまいてしまったお金をどうするのか。円安になって輸入品を中心に物価が上がりつつあります。給与が上がったのはごく一部の大企業の社員のみで、ほとんどのサラリーマンが物価上昇分だけ、可処分所得が減ったというだけです。今後、副作用をどう克服していくのかという新たな課題が、日本に突き付けられます。
 考えて見れば、成長ができるような企業は既に海外に出て行ってしまっています。ただ、規制緩和をしただけで、新しい企業がどんどん生まれてくるはずもありません。
 労働力人口が減っていくという、根本的な問題を何とかしない限り、成長路線を取ることはできません。安倍内閣も女性の活用など、労働力人口を増やす努力をしようとしていましたが、これだけでは十分ではありません。
 日本を成長させたいと考えるなら、減り続けている留学生を大量に受け入れる体制を整えるとか、いま、禁止とされている移民をしっかりと受け入れるなど、抜本的な対策を打つしかありません。小手先の対策ではどうにもならないことが今回のことで早くも証明されてしましました。
 私は人口減の中で、成長路線を諦め、経済成長がなくても生活の質を高めるために、社会保障やサービス業の拡充に力を入れていくということも考えていい時期に来ていると思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー