記事一覧

石原氏の軍事大国発言

4月10日(水)
 だいぶ間が空いてしまって申し訳ありませんでした。
石原前東京都知事のとんでもない発言について書こうと思っていたのですが時間がなくて・・・。石原さんは「現憲法が日本を貶めた」として憲法を改正して日本を「軍事大国」にしなければならないと発言しました。
 軍事大国にすれば軍事産業が栄え、経済界も喜び景気が良くなるというニュアンスの発言もありました。また核開発を目指すべきだという発言もありました。自らを“暴走老人”と言っているのですから、これも暴走と済ませられる話ではありません。暴走老人でもれっきとした衆議院議員です。日本の国是でもある平和主義を否定する発言を看過するわけにはいきません。
 日本国憲法の原則は上記の平和主義を含め、基本的人権の尊重、国民主権の三つです。この三つは憲法を改正したとしても変えてはならないと言われています。軍事大国を目指すということは平和主義を放棄することであり、石原氏の主張は憲法改正ではなく憲法破棄です。
 憲法を改正する手続きは憲法に規定されていますが、憲法を破棄して新しい憲法を作るという規定は現憲法にはありません。最高規範である憲法を破棄して新しい憲法を作るということは革命でも起こして現在の制度そのものを全て否定するというようなことが起こらない限りできないことです。
 こうした原則は分かっているはずの石原氏が敢えて、なぜこんな発言をするのでしょうか。石原氏が我慢ならないのは現憲法が占領軍から押し付けられたという点にあります。憲法制定の過程に全く問題がなかったとは言いませんが、現憲法は国民の大多数に支持されてきました。内容に問題があるというのなら変えなければいけませんが、成立過程に問題があるから変えなければならないというのは論理のすり替えです。
 憲法改正論者の安倍さんが総理になりましたので、勢いづいているのでしょうが、日本の国の行く末を決定するようなことを軽々に発言するのは無責任というしかありません。
 自民党の憲法改正案を見ても、憲法改正の域を超えています。憲法は権力者たる政府や国会議員、公務員の権力乱用を防止し、国民の権利を守るものです。しかし、自民党の改正案では国民の権利を公共の名のもとに規制しようとしています。これは近代憲法に著しく反しています。
 古くなったから変えた方がいい、という人がいます。しかし、いまの法律は全て憲法に反しない形で作られています。憲法が変えられれば法律も変わり、いつの間にか、憲法によって人権が制限されるようなことにもなりかねません。
 その前哨戦が96条の改正です。衆参議員の3分の2以上の賛成がなければ憲法改正の発議はできません。それを2分の1に変えて憲法改正をしやすくしようというのが狙いです。国民一人一人に重要に係ってくる問題です。一時の流れに左右されることなく判断しなければなりません。
 

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー