記事一覧

春は国会見学の季節、アベノミクスも旬は春だけ

3月29日(金)
今週は火曜日から今日まで恒例の「春休み国会見学会」を開催しました。選挙で大敗した後だけに、どれくらいの方が参加してくれるか心配しておりましたが、小学生を含めたたくさんの方にご参加頂けました。
厳しい言葉を覚悟していましたが、選挙から数か月経ったということもあり、かえって励ましの言葉を頂き、ありがたかったです。
議員会館の周辺も工事が全て終わりました。旧会館の取り壊し工事から入れると、10年近く工事が続いていましたから、国会周辺もやっと静かになりました。庭もきちっと整備され、道路もきれいになりました。新しい議員会館周辺を是非、見学に来てください。
さて、国会は補正予算、暫定予算が成立し、来週からいよいよ今年度予算の審議が始まります。例年に比べると約2か月遅れていますが、これも年末選挙があったせいですから仕方ありません。
国会の論戦の第一ラウンドは比較的静かでした。アベノミクスの効果かどうか分かりませんが、ともかく株価が上がって円が下がるという事態が進行し、こちらとしても中々攻め手が見つからなかったというのが正直なところでしょう。
しかし、アベノミクスには心配点もたくさんあります。大量にばらまかれた円はサラリーマンの給与値上げや設備投資、あるいは新規事業の立ち上げなどに向かえば、生きたお金となります。しかし、こうした動きにはこれまでも中々なりませんでした。そこに、大量のお金を撒き続ければどういうことになるのか。
もう既に、その兆候が表れています。いうまでもなくバブルです。行き場を失ったお金が株式市場に流れ込んでいることは、事実です。また、一部の土地にもお金が流れ込んでいることは、このところ、高級マンションの需要が復活していることでも分かります。
日本は1980年代にバブルを経験しました。その後遺症克服に20年かかりました。もう一度バブル騒動を引き起こす訳にはいきません。バブル崩壊後、銀行、証券は不良債権の処理に泣き、多くの金融機関が倒産しました。政府が一時的に国有化することによって、何とか金融危機を乗り越えましたが、今度はそんな財政的余裕はありません。
また、アベノミクスで本当に物価を2%上昇させたら、歯止めが効くのかどうかという問題が残ります。市中に金が有り余っているのを、どう吸収するのか。日銀が大量に買った国債を市中で大量に売れば、今度は金利が上昇します。
いまでも新規予算の25%は国債費です。金利が上がれば国債費も上がります。1000兆円にも達する国債の利子が上がれば一層財政赤字が膨らみます。企業が成長して税収が上がれば、財政赤字が減る可能性がありますが、金利負担以上に税収が増える可能性はほとんどありません。
また、円安もいい影響ばかりではありません。一部の輸出産業には円安メリットがあるかも知れませんが、資源のほとんどを輸入に頼っている日本で、円安によってエネルギー価格が大幅に上がります。食糧自給率の低さは、そのまま輸入食料の値上げにつながります。日本は既に貿易収支では輸入が輸出を上回る貿易赤字国になっています。だから本当は円安はいいことより悪い影響の方が強いのです。一部の輸出産業の株価が上がったからといって喜んでばかりはいられないのです。
デフレは労働人口の減少が大きな原因の一つです。それを解消するために米国のように移民を受け付けるようにするのか。人口減少をそのまま受け止め、経済の規模を緩やかに縮小する道を選ぶのか、選択をする時期が迫っているのかもしれません。
一時的ではあっても景気が良くなったと国民が感じた時にこそ、厳しい選択をするチャンスだと私は思います。

ファイル 468-1.jpg ファイル 468-2.jpg

ファイル 468-3.jpg ファイル 468-4.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー