記事一覧

東日本大震災から二年が経ちました。

3月11日(月)
 今日で東日本大震災から二年が経ちました。国立劇場で追悼式が開かれ参加してきました。
 ここ数日間、新聞・テレビでは関連ニュースで埋め尽くされていました。親族を失った時の苦しみ、それをどう克服するために努力をしてきたのか、いまだに癒されぬ痛みなど、目頭が熱くなる思いをした方も多かったと思います。
 震災直後には被災地に立ち入ることが党によって禁止されていました。しかし、いたたまれず同志三人と一緒に南相馬市に1週間後に支援物資を持って入りました。まだ、体育館には被災者、隣の建物は遺体の安置所になっているような状況でした。
 津波に襲われた集落はまだ水浸しで、その中を自衛隊の皆さんがズブ濡れになりながら懸命に遺体を捜索していました。行方不明者の捜索が第一で復興どころの話ではありませんでした。南に下って福島第一原子力発電所の立ち入り禁止地域に入り、関係者以外誰もいないという異常な居住地域も見ました。
 二度目には岩手、宮城に支援物資を持って出かけました。被災から一か月以上経っていましたが、まだまだ復旧どころではない混乱の中に被災地があったことを記憶しております。その後も被災地を何回か訪ねましたが、少しずつではありますが、復旧の兆しが見えてきました。
当初は被災者の方々に声を掛けるのも憚られるような状態でした。また被災自治体の首長の皆様の懸命・必死の形相に胸を打たれました。しかし、時間の経過とともに被災者の方々にも表情が出てき、少し安心したのを覚えています。
被災の風化ということがマスコミでは言われていますが、私はそんなことはないと思います。圧倒的に多くの日本人が被災地のことを今でも思っていることは間違いありません。
 今回の大震災は津波で被害を受けた地域と放射能汚染で被害を受けた地域、その両方の被害を受けた地域の三種類に分類できます。津波に襲われた地域は、どれくらいの規模の防波堤をつくるのかというのが最大の焦点となっています。一方、汚染された地域は本当に地元に戻れるのかどうかが焦点となっています。
 防波堤をいくら丈夫に作っても同じ規模の津波に襲われれば、同じような被害がでます。堤防は見た目の安心をもたらすことや地元の土建業者を潤わすことはできても、被災地から海がある景色を奪ってしまいます。巨大な堤防をつくるお金は高台への移転に回した方がいいと私は思います。
 また、除染をすれば戻れると、懸命に除染作業をしていますが、実際に戻りたいと思っている被災者は少ないとも報じられています。やはり政府が一括して買い取るという最終的な結論を出す時期が近付いているようにも思います。この先何年かかるか分からない除染にお金をかけるより、被災地を買い上げる資金にお金を掛ける方が被災者のためになると考えるのは私だけでしょうか。
 今日の追悼式で、被災者の女性が、亡くなったお母さんに恩返しはできないが、その分、今度は世界の被災者に尽くすことで頑張りたいと決意を語ってくれました。ここまで来るのにどれだけの苦悩の日々があったのかを思い、それを克服した強い信念に心の中で拍手を送りました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー