記事一覧

されど6%

2月25日(月)
 昨日、民主党大会が開かれました。この大会で総選挙の総括と、党綱領、今年の運動方針が決定しました。
 党大会は友党や関係団体の代表を招くのが通例となっています。今年も維新の会やみんなの党、連合などから来賓が招かれ祝辞を述べてくれました。とは言っても、招かれた政党4党の出席者は全て元民主党の議員で、挨拶の際には一瞬、白けた空気が流れたのは否定のしようがありませんでした。
 新聞でも報道されましたように、大敗した総選挙については、極めて厳しい総括がなされました。それまでの、総括論議でも、少し時間をおくしか打つ手はないというのが、偽らざる心境でした。だから、あのような総括になったのだと思います。
 しかし、党大会の前日の土曜日に、私は地元で毎月一回やっている「市民フォーラム」を開きました。場所は市川市で、残念ながらいつも出席者が少ない地区でした。したがって、選挙後初ということも重なり、出席者が少ないのではないかと心配していました。
 ところが、私が最初に当選した時に応援をしてくれたという人を含めて、10人くらい新しい人が参加してくれました。いつものように私が1時間程度、これまでの国会の動きや党の動きを話し、その後1時間にわたって民主党再生について熱心な議論を致しました。
 今日の新聞によれば民主党の支持率は6%まで低下したということですが、このまま民主党がなくなってしまったら日本の政治の危機だ、という考えを持った方もたくさんいるということが分かり、なんとなく元気が出てきました。
 党全体で反省することは必要ですが、反省が終わったらしっかりと反転攻勢をかけなければいけません。今日の勉強会で評論家の森田実さんが、あらゆる選挙にきちっと候補を立てて、民主党は戦わなければいけない。選挙で勝利する以外に、党の再生はありえないと仰っていました。その通りです。
 6%しかないと思うのか、まだ6%も支持者がいると思うのかの違いです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー