記事一覧

今年の冬は寒い

2月22日(金)
 安倍総理はオバマ大統領との会談のために米国へ、森元総理はプーチン大統領と話し合うためにロシアへそれぞれ出かけています。
 米国との間にはTPPの問題を始め、緊張を深める北東アジア問題や普天間基地移転問題、日米同盟など話をしなければならない問題が山積しています。またロシアとも領土問題をはじめ、資源問題や経済開発でこれまた話をしなければならない問題がたくさんあります。
 外交は外務省がやるのではなく政治家が膝突き合わせてやるのが原則です。だから大いに政治家は外国に出かけるべきです。
 ところが民主党政権の時には原則として国会開催中は議員が海外に出かけるのは禁止されていました。人間関係ですから、初めて会うより二回目の方が意思疎通はしやすい。外国との間にはほとんど議員連盟ができていますから、その人脈を常に生かしておけば、日本の外交力も強まったはずです。それが出来なかったマイナスの影響は大きいものがあるように感じます。
 首脳が出かけるにはきちんと成果が求められます。しかし、普通の議員が出かける時には特段成果を求められるものではありません。自分で自分の行動を縛ってしまったことが残念でなりません。出かけて行って気軽に話をすることが、あらゆる外交の地ならしになるだけに、そんな面も民主党の未熟さから出ていたのかも知れません。
 さて、今日、二人の参議院議員が民主党を離党しました。一人は地元の市長選に出る予定があるそうですが、もう一人は参議院の予算委員会の理事で、民主党議員として今週、安倍総理に質問したばかりです。その人が質問をして一週間もたたないうちに離党するとは情けない話です。
 衆議院選挙前も離党者が相次ぎ、それが求心力の低下と党の信頼感の低下に繋がってしまいました。その二の舞を参議院選挙で演じてはなりません。明後日には党大会がありますが、きちんと民主党再建の道筋をみんなで共有することが大事です。
 今年は寒い冬です。民主党にとってはさらに寒い冬です。しかし、春は必ず来ます。自然の摂理を党再生に結びつけて頑張るしかありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー