記事一覧

結党の原点に立ち戻ることが重要

2月15日(金)
 補正予算が昨日衆議院を通過しました。予算委員会も本格的に始まり、ようやく政権交代の混乱も脱し、国会にも日常生活が戻ってきました。とは言っても、民主党が元通りに戻った訳ではありません。いま党内では総選挙の総括と、党綱領の作成が同時並行的に行われています。
 民主党にはもともと党綱領はありませんでした。私は結党のメンバーの一人ですが、当初、党は10年間の時限政党だという位置づけで党首も二人という出発でした。もともと政治とは無縁だった私にとってはそんな民主党がとても新鮮に感じました。
 それまでの官僚、業界、政界が一体となって運営していた政治を市民の手に取り戻し、「市民が主役の政治を実現する」というのが、民主党に集った政治家の目的でした。党綱領などというもので政治家の行動を縛るのではなく、それまでにない政治を実現するというのが唯一の約束でした。
 また、政治家一人一人が一つの政策を作り、それを議員立法として成立させるというのが当初の目的でした。10年の時限政党というのは、10年もやって政権が取れなければ、民主党にそれだけの力がないということで、政党としての役割は終わるということでした。
 10年で政権を取ることはできませんでしたが、結党10年を過ぎたころには政権奪取も夢ではなくなり、13年目にして政権をとることになり、時限政党ということをみんな忘れてしまいました。
 10年という期限が長いか短いかはともかくとして、政党の役割も時代とともに変わってくるから何年かで区切りをつけるという考え方は正しいと思います。また、綱領がないということに何の疑問も感じませんでした。
 したがって、選挙中に「綱領がない政党が政権をとったからおかしくなった」という批判を受けて、いま急に綱領づくりを急いでいることにむしろ違和感を感じます。長い政党活動の中で次第に民主党も既成政党と同じになってしまった。言葉を変えれば既成政党と同じになったから政権を取れたということかも知れません。
 総括ではいろいろな反省点がでました。最初は私もびっくりするほどの辛口でしたが、何度も会を重ねるごとにマイルドになってきました。目的は党の再生ですから、文言よりもみんなが真剣に議論することに意味があります。ただ、そう簡単に視界が開けるものではありません。私としてはもう一度、結党の原点に立ち戻ることが重要だと強く感じています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー