記事一覧

民主党に春は来るのか

2月4日(月)
 今日は立春、厳しかった今年の冬もようやく終わりが見えてきたようです。しかし、民主党の冬の時代は終わりが見えてきません。今日の毎日新聞によれば、民主党の支持率は前回の支持率を更に2ポイント下回り、ついに5%になってしまったようです。
 民主党はこの間、選挙と3年3か月の政権運営の総括をし、党の綱領を作成中です。新しい代表も選出し、再び政権を担える党に再建するために、全党が一丸となって努力をしている最中です。特にマイナス点はないと思うのですが、支持離れに歯止めが掛かりません。なんとも情けない話です。
 2日に後援会の新春の集いを地元の松戸で開きました。私は「景気がよくなるのではないかと、皆が期待している時に、水を差すような発言は控えている」という話をしました。アベノミクスには欠点がたくさんあります。
 しかし、事実として株価が上がり、円が下がって日本の景気はいい方向に向かっています。その欠点をいま上げつらうことは簡単ですが、前回も書きましたように景気は気ですから、みんながよくなると思っていれば、よくなる面があるのも確かです。
 野党の民主党がしなければならないことは、いざ反動が来た時に、きちっと対処できる方法を考えることです。
 では、民主党の支持率を上げるにはどうしたらいいのか。民主党が日本には必要だという思いを再び持ってもらうしかありません。そのためには政党ですから、しっかりと政権党よりいい政策を提示し続けるしか方法はありません。
 明日から補正予算案に対する質疑が始まります。まずここで民主党が存在感を示す必要があります。昨日今日できた政党とは違うのだということを論戦で示さなければなりません。しかし、それだけでいいのか。
 こう書いている私も、絶対に支持率が上がるという妙案がある訳ではありません。また、短時間で支持が回復するはずもありません。ともかくいま私にできることは、民主党に何を望むのかをしっかりと有権者の皆様に聞くしかありません。そして、その望みに叶うような党に再生させることに全力を挙げることです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー