記事一覧

環境委員会が開かれました

11月9日(金)
 今日は環境委員会が開かれ、副大臣として答弁に立ちました。委員長として趣旨弁
明や答弁はしていましたが、政府側として答弁をしたのは初めてです。
 今日の審議は大臣、副大臣の所信に対する質疑でした。私に対しては原子力規制委員会の国会同意人事について質問がありました。私が委員長の時に議員立法で成立させた法律ですから、私には立法責任があります。
 質問をした自民党の議員の皆様とも共同で、この法律を成立させていますので、自民党議員にも共同責任があります。そこで、自民党の議員からは規制委員会の委員は国会同意人事となっている。その理由は政府案は独立性の弱い8条委員会であったものを独立性の高い3条委員会に議員立法でわざわざ変えた。その独立性を担保するためには国会の同意が欠かせない。それにも拘わらず、政府は緊急事態であることを理由に国会に同意を求めないのはおかしい、という趣旨でした。
 私の答弁は次のようなものでした。国会同意を求めるのが筋だが緊急事態には総理が指名し、事後に了承を求めるというのも法律に明記されている。今回の判断は総理の判断で内閣の一員としてはそれに従う、というものでした。
 他の自民党議員からもさらに質問があり、国会同意がなければ規制委員会は機能しないという厳しい質問でした。もう既に規制委員会は大飯原発の活断層の調査をするなど活動を開始しています。大飯原発を止めるのかどうかの判断が近々でるはずです。もちろん法律は国会の承認を得なければならないとなっていますから、もう遅れてしまっていますが、実際の活動を見てから国会議員一人一人が判断するのが一番いいのではないか、と答弁しました。
 午後は環境省が管理している新宿御苑で開催されている菊展を視察に行きました。見事な菊が展示をされていましたが、そこに至るまでのとてつもない手間と苦労を聞いてきました。あれだけ見事に咲かせるためにはたくさんの人の努力があったことを知り、より一層菊がきれいに見えました。
 明日は石川県の白山に行き国立公園指定50周年記念式典に出席してまいります。
 さて、国会ですがようやく順調に動き出しました。田中文部科学大臣のとんでもない不認可騒動がありましたが、ようやくけりがつきました。新設大学の関係者の皆様には心労をおかけしたこと私からもお詫び申し上げます。
 特例公債法はどうにか成立する見通しが立ちました。後どうしてもしなければならないのは議員定数の是正です。憲法違反を最高裁から指摘されているのですから、変えるのが立法府の義務です。その先は予算編成を中途半端にしたまま総選挙をしてい
いのかどうかということが焦点となります。総選挙を今すぐにした方がいいのかどうかは、国民の皆様の判断に従うのが一番いいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー