記事一覧

環境副大臣になりました

10月4日(木)
 報告が遅れましたが、この度の改造内閣で環境副大臣となりました。これまで環境委員長で国会の立場から環境問題に取り組んでまいりましたが、これからは行政の立場で環境問題に立ち向かっていこうと思っています。
 環境省は除染や瓦礫の処理という仕事が大震災後に新たに加わりましたが、それまでは温暖化防止や生物多様性の問題など自然環境を守る仕事をしてきました。今回の改造で副大臣が一人から二人になり役割が分担されました。私は環境省の本来業務の方、すなわち温暖化防止などの分野を担当することになりました。もちろん、あくまで基本的な役割分担で、どちらにも関与していくことになります。
 喫緊の課題は放射能で汚染された灰や、土壌、剪定枝などを処理する最終処分地の選定です。茨城、栃木県で最終処分地を指定しましたが、地元の反対で最終決定にまで至っていません。私の地元である千葉県では最終処分地の絞り込みも出来ていない状態です。
 どの自治体でももろ手を挙げて賛成というところはあるはずが
ありません。しかし、除染の後、最終処分地を決めないことには、いつまでたっても本格的な復興にはなりません。したがって、何とか処分地を決めなければなりません。どうすればいいのか、知恵を絞っていかなければいけません。
 一方、地球温暖化防止の問題などは日本だけで決められる問題ではありません。先進国だけではなく、中国やインドなど最近目覚ましい発展を遂げている国が今や米国と並んで最大級の排出国となっています。
 どう途上国と協力しながら温暖化防止の実を上げていくのか、国際会議の場でしっかりと日本の立場を訴えていくことが大事です。年末にはCOP18がドーハで開かれます。プレ会議がソウルで開かれることになっており、早速、21日から出かける予定です。
 環境省は厚生労働省との合同庁舎の中にあります。窓からは日比谷公園の全体が見渡せます。任期は選挙までですので、そう時間はないと思いますが、徹底した除染で安心した暮らしを取り戻せるように全力を尽くすとともに、地球環境がよくなるように少しでも貢献できるように努力します。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー