記事一覧

メリーゴーランド人事では危機を乗り切ることはできない

9月28日(金)
 先週には野田代表が再任されました。また今週は自民党の総裁選挙が行われ安倍さんが総裁に返り咲きしました。普通にいけば、この二人の態勢で総選挙は戦われることになりそうです。
 民主党の代表選挙は盛り上がらず、自民党の総裁選挙が盛り上がった結果、民主党の支持率は下がり、自民党の支持率は上がりました。また、世論調査によれば維新の会も支持を減らし、支持政党なしが減ったということです。
 希望的観測ですが、自民党への支持は総裁選の際の候補者の露出の多さにあったと思います。冷静に、また自民党政権に戻っていいのかという思いに立ち戻れば、自然と支持はまた下がってくると予想されます。
 でもそれに反比例して民主党の支持率が上がるかというと、そうもいかないと思います。結果としてまた、支持なし層が増えるだけだと推測します。
 今日は両院議員総会が開かれ、民主党の新執行部が承認されました。国対委員長は新任でしたが、あとは私が指摘しているようにメリーゴーランド人事で内閣から党へという動きとなりました。内閣改造も、党から内閣へという動きにおそらくなると思います。これでは党の活性化は望むべくもありません。
 自民党が長期政権を維持したのは人事の妙にあったということを民主党は学ばなければなりません。新しい人をどんどん登用し、人材を育てていった、それが党を活性化させ、危機に陥っても、新たな知恵と人材とで救ってきたという歴史が自民党の歴史でした。
 そんな自民党でもあまりに長きに渡って政権を維持してきたため制度疲労が起き、回復不能の状態で政権を失いました。現在の自民党は3年前の状態から何の進歩もしていません。また、自民党をダメにした張本人である安倍さんを再任したことは、やはりこの党ももう歴史的役割を終わったと思わざるをえません。
 まだ民主党は3年しか政権を維持していません。したがった、まだ制度疲労が起っている心配はありません。人事をしっかりとし、党全体の力が発揮できるような体制が取れれば可能性はまだまだあると思うのですが・・・。
 
 

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー