記事一覧

復活会議の候補者選定は9月5日に行います

8月31日(金)
 29日に五島列島で環境省が主体となった浮体式風力発電プラントの開所式に出席してきました。羽田から長崎空港で乗り換え福江空港に行き、さらに福江港から船で椛島・首の浦まで行って、変電所前で運転開始式典のテープカットを行いました。
 実験プラントで出力は1000Kワットということですが、今年度には1メガワットの出力があるプラントを建設するということでした。浮体式ですから海の上に浮いており、鎖で海底と結んでいるという構造になっています。ちょうど、大型の台風15号が過ぎたばかりでしたが、風力発電所は何にも影響は受けなかったそうです。
 1メガワットだと椛島で使うだけでは余ってしまい、福江市でも使えるように海底ケーブルで結ぶ予定だということでした。福江市を含め、島ではガソリン代が本土よりだいぶ高めになっています。風力発電で全て賄えるようになれば、電気自動車を使って、全て再生可能エネルギーで生活するということも可能です。再生可能エネルギーは過疎対策にも十分なります。
 椛島には立派な学校がありましたが、小中学校でたった一人しか生徒がいないということでした。自然に恵まれた環境ですが、子供にとっては過酷な環境なのだとつくづく思いました。
 さて、昨日は民主党復活会議の結成式を行いました。59人の議員が参加しました。ここで候補者を募り、民主党初の予備選挙を行い、候補者を絞っていこうと思っています。自民党の総裁選挙と時期が一致するので、注目を集められるような候補者を出さなければと思っています。
 今のところ自薦の候補ばかりが取りざたされていますが、他薦でこの人がいいという人が出てきて野田さんと建設的な論争をしてくれればと期待しています。
 野田さんは参議院で問責決議案が可決されており、再選された場合は10月にも予定されている臨時国会で国会が動かなくなることが予想されます。そうなると特例公債法成立と引き換えに解散となる可能性が大です。
 その場合、民主党議員は何を訴えて選挙をするのかが問題です。消費税を上げただけでは喜んでくれる国民はいません。マニフェストをここまで実現したと訴えても、すぐに反論が返ってきます。
 私としては、代表を代え、新代表の下に民主党らしい格差是正や、若年労働者の生活支援、社会保障改革の先取りを盛り込んだ来年度予算案を作り上げて、信を問うのが一番だと考えています。そうでない限り、民主党政権は残念ながら終わってしまいます。
 このままいけば、民主も自民もダメということで第三局の維新の会が躍進してしまいます。維新の会の政策がよく理解されずに、ムードだけで勝利してしまうのを心配しています。きちんと政策論争ができる環境と時間をとってから選挙をすることが、遠回りのようで最終的には日本の改革のためにいいと私は思っています。

ファイル 441-1.jpg ファイル 441-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー