記事一覧

本当にツィッターだけでいいのか

7月26日(木)
 先日、選挙のプロという人の話を聞きました。その専門家によると、政治家でもツィッターをする人が増えているといいます。若い人に伝えるには長い文章はダメ。最大でも150字というツィッターが限度だといいます。
 この他、ネット上に自分の活動の動画を載せる。これも長いものはダメでせいぜい2分間程度の動画を頻繁に変えて載せるのが効果的という話でした。
 選挙の戦術としてはそれでいいかもしれませんが、疑問もあります。私のブログでもそうですが、文章を書くというのは、何をどう伝えるかを含めて、思考を必要とします。読む方も、理解するためには頭を使います。
 しかし、150字程度のつぶやきや2分の動画というのはほとんど頭を使う必要がありません。その時に感じたままをただ伝えるだけです。おもしろいかもしれませんが、思考を経ていないつぶやきは、たんなるつぶやきに過ぎません。そんな情報で政治家を判断されたのではたまりません。
 ツィッターを全部否定するものではありませんが、やはり政治家がものを伝えるのであれば、きちんと思考した文章も必要だと思います。ツィッターとブログのようなものを合わせて情報を発信しないと、ますます日本の政治はダメになるような気がします。 
 書籍でも、だいぶ前から著者がしゃべったものをそのまま一冊の本にしてしまうという手法が流行っています。あるいは対談をそのまま本にしたものもたくさんあります。しゃべり言葉ですから、読む方としては楽です。しゃべる方もあまり頭を使いませんから、読む方も、途中で考えることなく短時間で読み終わります。その分、残るものがないというのが現実ではないでしょうか。
 考えてしゃべったとしても、2時間も3時間も話せば、前にしゃべったことと矛盾することを話してしまうことがあります。自分で書いていれば、その都度考えていますから、文章の前後で矛盾が生ずることはありません。
 あまりお手軽に走ると、結局、若い人に考える力がつかなくなってしまうのではないかと心配になります。テレビの番組でもタレントのおしゃべりを垂れ流して、お金をかけ、時間をかけてしっかり伝えようという番組が減ったような気がしてなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー