記事一覧

スカイツリーとリサイクル工場視察

5月17日(木)
 14日にスカイツリーを一足先に視察に行ってきました。350メートルの第一展望台、460メートルの第二展望台から東京を展望してきました。松戸のゴミ焼却場の煙突が見えました。また、伊勢丹も見えました。
 晴れてはいたのですが、視界は50キロ程度だったでしょうか。富士山や筑波山は見えませんでしたが、遠くに横浜のランドマークタワーや千葉の工業地帯を見ることができました。国会議事堂も見えましたが、今果たしている役割同様に小さく見えました。
 高いところには随分昇っています。9.11で破壊されたニューヨークのワールドトレードセンターにも何回も行きました。地上では雨が降っていたのに、上層階では雪になりびっくりしたことがあります。当時、世界一だったシカゴのシアーズタワーにも昇りました。上海の森タワーにも行きましたし、現在世界一のプルジェタワーにも建設中に途中まで昇ったことがあります。
 さらに、昔、「日本人が築いてきたもの、壊してきたもの」という本を書いた時に、東京タワーの一部の鉄骨が米軍の戦車をスクラップしたもので作られていた、ということを取材したときに、東京タワーの第二展望台の屋上に上ったことがありました。屋上ですから窓も何もなく、吹きさらしの風の中に佇んだ時には景色よりも海の匂いがしたことが印象に残っています。
 高いところに登ると、人間が地上でこまごまとやっていることが小さく見えてくる一方、それを作ったのも人間だと考えると、大したものだとも思えてくるから不思議です。
 昨日は環境委員会の視察で川崎市に行きました。最初に浮島太陽光発電所を視察しました。川崎市の最終処分場の上に建てられたもので、2万kWの出力が出るメガソーラーです。これ一つで一般家庭6000軒分の電力が賄えるそうです。最終処分場ですから、普通の建物は建設できません。そこが発電所として役に立つところに生まれ変わるのですから、大きなメリットです。
 次に、JFEの家電リサイクルセンターを視察しました。冷蔵庫、電気洗濯機、テレビのリサイクルを行っていました。まず手作業でモーターや電子基板などを取り除き、鉄や銅などの金属や非金属を分別し、最終的には99%がリサイクルされるそうです。99%という数字にびっくりしました。
 最後に、銀行や役所の機密文書やJRの切符などをリサイクルし、トイレットペーパーに再生している工場を視察しました。不純物が含まれている紙は再生が難しかったそうですが、独自の技術でいまではほとんど100%再生できるということでした。
 3時間ちょっとの短い視察でしたが、勉強になりました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー