記事一覧

ハードルが高い第180通常国会

1月24日(火)
 長い間ブログをお休みしていてもうしわけありませんでした。今日から通常国会が始まりました。波乱含みの国会で、野田内閣にとって何度も高いハードルを越えなければ乗りきれない厳しい国会です。
 最初のハードルは予算です。予算そのものは憲法の規定によって衆議院を通過すれば、参議院の議決がなくても成立しますので、問題はありませんが、特例公債法など関連法案は参議院の賛成がなければ成立しません。昨年の管内閣は、関連法案の成立を条件に退陣ました。今回も関連法案が通過するかどうかがまず最初のハードルです。
 二番目のハードルは議員定数削減と公務員給与引き下げです。徹底的な歳出削減が消費税増税の条件となっていますので、まず、この二つの法案を通さなければなりません。衆議院の比例数を80人削減するというのが民主党案ですが、議席が減る恐れがある少数政党は反対しています。これをどうまとめるかが二度目のハードルです。
 三番目のハードルが消費税値上げ法案です。予算案が衆議院を通過した後、消費税値上げ法案をだす予定ですが、こちらも与野党協議もまだ始まっておりませんし、成立するかどうか、難しい状況です。
野田内閣としては岡田さんを副総理に迎えて万全の態勢で臨んでいます。それだけに、もし、成立できなければ責任を問われます。その場合は総辞職をするか、野党の反対で通らないのなら、解散して国民の声を聞くなどという場面も現れるかもしれません。
これ以外に、いまは想定されていない不祥事などが起こってくることも考えられますし、とても厳しい国会という以外にありません。
環境委員会には原子力規制庁の設置法案が付託されます。今日も議論したのですが、新しく作る規制庁が、最初から原子力推進派と思われたら、国民の信頼は得られません。条文の中に原子炉は原則40年までとし、20年間延長できるという条文が入っていました。これでは、60年間も炉を使えるというお墨付きをえることになってしまうと、私は強く反対しました。今日も環境部門会議で議論になりましたが、どうにか20年延長できるという部分は削除されそうです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー