記事一覧

一年間お世話になりました。来年こそいい年にしましょう。

12月28日(水)
 あっという間に年末になってしまいました。随分と長くご無沙汰しており申し訳ありません。
 この間に、北朝鮮の金正日総書記が亡くなりました。北朝鮮政府は何とか息子の正恩氏に権力を引き継ごうと必死になっているようですが、そう簡単に上手くいくとは思えません。これを機会に北朝鮮にもいい変化が現れてくればいいのですが、逆に、混乱が一層の貧困を招く恐れもあり、予断を許しません。
 すぐに混乱が起こるとは思いませんが、北朝鮮も一年、二年という長い目でみれば、今の体制のままいけるはずもありません。強権政治はある日ぱたっと倒れます。その時に我々は備えておかなければなりません。
 申し訳ないことに民主党も混乱が続いています。まず、今日9人の離党者が出ました。この中に三人も千葉県連の議員が含まれており、残念でなりません。2年半前に、民主党は皆さんから政権を負託されました。負託にきちんと応えることが政権党員としての最低の義務です。政策が合わないからといって責任を放棄して出て行っていいものではありません。
 確かに消費税の論議など、実際に消費税を上げるのは2013年からですから、いまの時点で本当にする必要があるのかどうか疑問があります。また八ツ場ダムの建設再開など、明らかにマニフェストとは反しています。どうしてそうなってしまったのか、きちっと説明する責任があります。 
 消費税を上げるなら最低、議員定数の削減と公務員給与の引き下げはやっておかなければいけません、また、無駄な公共事業と名指しで批判してきた八ツ場ダムのどこが無駄ではなくなったのか明確な説明が必要です。
 さらに昨年末に私たちが反対した武器輸出禁止三原則も年末に来て大きな議論もなく緩和されてしまいました。憲法9条と非核三原則、そして武器輸出三原則が日本の平和外交の原点です。単に経費が安く済むなどということで、その大原則を見直していいはずがありません。
 ことほどさように今の民主党執行部のやり方は非常に乱暴です。全て国民生活に密接に係わっている重要な問題を、年末の忙しい時期にバタバタと決めてしまう手法に
も大いに疑問がつきます。
 しかし、だからといってこの時期に党を割って出て行っていいというものでもありません。ここは厳しくとも踏ん張って、もう一度原点に戻って有権者にしっかり説明責任を果たしていかなければなりません。
 さて、今年も一年間大変ありがとうございました。どなたにとっても大変な一年だったと思います。とりわけ被災された方のご苦労は想像を絶します。失ってしまったものは戻りませんが、思い出は永遠です。来る年がいい年になるように祈りながら筆をおかせて頂きます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー