記事一覧

冷温停止状態に本当になったのか

12月16日(金)
 今日の午後、野田総理は福島第一原発の原子炉が冷温停止状態になったと発表しました。これで原発事故の終息に向けた第二ステップをクリアしたということのようです。
 これまでも政府は楽観的な発表をしては後になって訂正をするという愚を繰り返してきました。今回も私にはどうしても早すぎるし、楽観的過ぎるような気がしてなりません。
 なにより、1号機から4号機までメルトダウンしていることを含めて、炉内がどういう状態になっているのか、依然としてはっきりしません。冷温といっても基準は100度以下というだけで、普通の感覚で言う冷温とは程遠いことは皆さんご存知の通りです。
 工程表を実現したということを言いたいのでしょうが、肝心のどうして冷温停止状態になったのか、これまでとどこがどう違うのかしっかりと説明してくれないと、とても納得できるものではありません。
 事実、先日、発表になりましたが、海に向けて高放射能レベルの汚染水が流れ出ました。冷温停止状態のもう一つの条件に、外部に放射性物質がでていないと言う条件がありますが、海水や地下水が汚染している可能性があると言うことは、この条件をクリアしていないということを示しています。
 それにも係わらず、どうして、こんなに急いで冷温停止と発表しなければいけないのでしょうか。年末に向けて被災者の皆さんに対し、避難区域の見直しや除染などの復旧に向けた道筋を示したかったのでしょうが、本当にこれで安心だと思っている被災者の方が何人いるのでしょうか。
 早く終息してほしいとは誰もが思っていますが、工程表に事実を合わせようとしても無理があります。たとえ工程表が予定通りいっていなくても、それをありのままに発表するほうが被災者や国民の理解を得られることに繋がるのではと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー