記事一覧

大阪市長選の結果をどう受け止めるか

11月28日(月)
 昨日開票された大阪の市長選で橋下徹氏が、知事選で松井一郎氏がそれぞれ当選しました。橋下氏が率いる大阪維新の会が既成政党が推薦する候補を破っての圧勝でした。
 橋下氏は大阪都構想を掲げ、府と市の二重行政を廃し大阪から日本を立て直すと訴えて選挙戦を戦いました。また、独裁者であることを敢えて否定せず、それほどの強いリーダーが日本に必要だとも訴えました。
 若いし、かっこういいし、歯切れもいい、現在の閉塞状況を破ってくれそうな期待感を多くの大阪市民が感じ取った結果だと思います。
 ただ橋下氏の主張にはすぐに賛同しかねることも多々あります。自分の主張に賛成できない市の職員は直ちに市役所を去れと昨日の会見で言っていました。自分と意見が相容れないからと言って、その人の仕事を奪うことは出来ません。
 いうまでもなく主義主張の自由は憲法で認められています。意見が違う人は出て行けとは、いくら民意で選ばれた市長とは言え、言ってはいけないことですし、実行に移してはいけないことです。
 また、教育に関しても過去に自分の意に沿わぬ教職員は追放できるような制度を考えました。橋下氏は教育は競争が第一だという考え方も示しています。教師を監視下に置くということは生徒も監視下に置かれるということです。日々、競争に追い立てられていては子供たちがのびのび育つはずはありません。
 独裁者発言もそうです。確かに民主主義は時間が掛かります。反対意見の人とじっくりと話し合って合意を目指さなければなりません。こうした面倒は独裁を生まないための人類の知恵です。
 独裁者が正しかったことは過去例がありません。独裁は最初は正しく見えても、いずれ独善に陥り多くの人に不幸をもたらします。だから、歴史は民主主義を選び、独裁への道を閉ざした訳です。
 本気で橋下氏が独裁者になろうと思っていないことを願うばかりですが、危うさを孕んでいることは事実です。
 一方、政策についても選挙を通して論議は深まりませんでした。大阪都構想と言っても、二重行政を廃するためには大阪市と大阪府が話し合えば、ほとんどのことが解決するはずです。大阪都になって大阪市民が何を得られるのかはっきりしないのに、「大阪都」という名称だけが一人歩きしたのではないかと強く感じます。
 とはいっても、この選挙結果は重いものです。民主主義の手続きを大事にする余り、政治にスピードがなかったことは事実です。特に与野党のねじれ現象が生まれてから一層、意思決定が遅くなりました。
 多くの国民は政治は機能していないと思っています。それがこの選挙結果に現れています。民主党も自民党もこの点は真摯に反省しなければなりません。
 今後、政界再編がらみでいろいろな動きが出てくると思います。維新の会の人気だけに引かれて擦り寄っていく政治家も沢山出てくるかもしれませんが、惑わされないようにして下さい。
 国境の壁がなくなりつつある中で、政治だけがローカルな存在で機能するはずがないと予てから私は思っていました。しかし、グローバルな政治体制とはどういうものなのか、EUの混乱を見ても、そう簡単に答えは出そうもありません。しかし、日々考えていかなければいけない大事なことです。
 21世紀の政治とはどうあるべきか、これからおおいに議論していきたいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー