記事一覧

気が遠くなるような除染作業―環境委員会福島視察

11月22日(火)
 昨日、環境委員会の視察で福島県の放射能除染作業を視察してきました。まず最初に飯館村の飯野出張所に行き、菅野典雄村長から話を伺いました。飯館村は全村が計画的避難区域になっており、村役場も飯野に移さざるをえない状況になっていました。
 村では本格的除染作業に向けて現在、実験的に除染を行っています。菅野村長は、「除染はここ一、二年が勝負だ」ということを強調しました。除染がしっかりと実行され、村で生活することが可能だということがはっきりすれば、戻ってくる村人がたくさんいるだろうが、除染作業が3年、4年とかかったのでは、他に移ってしまって戻ってくる村人が少なくなってしまうということを懸念していました。
 また、「ゼロからスタートするために村は努力をしなければならない。とにかく、マイナスを国の力でゼロにする努力をしてほしい」と要望されました。
 その後、バスで飯館村の除染現場を視察しました。約一反の放射線量の高い農地は固化剤で表土を固め、表土を3センチから5センチ程度削って除染を行ったということです。一反で約ダンプ4~5台分の土を削り取ったということでした。この作業によって放射線量を大幅に減らすことができたと言うことです。
 また、隣の田んぼでは水による土壌攪拌を行い、表土を削り取るという作業を行ったそうです。これでもかなりの量のセシウムを除去できたとのことでした。この二つの農地の除染を行うだけで運搬量まで含めると100万円以上のお金がかかったということです。
 私たちが行ったところは一面の農地でしたが、そのうち除染をしたのはほとんど面ではなく点です。飯館村は村の約8割が森林です。住宅地や森林まで除染するということになったら、一体いくら経費がかかるのか想像もつきません。飯館村では除染にかかる費用を3224億円と試算しています。
 問題はどこまで除染をするか、一体何人が除染後に村に戻ってきてくれるかと言う点です。村の人口は6200人余りです。除染費用を人口で割って単純計算すると一人頭約5000万円の除染費用がかかることになります。
 福島県全体では葛尾村、川内村、南相馬市などの計画的避難地域があります。その他に警戒区域と原発から半径3キロ以内の立ち入り禁止区域があります。この全てを除染することはもとより不可能です。
 では一体、どの地域まで除染をするのか、除染の程度は100%なのか50%なのかを早急にきめなければなりません。家の除染も視察しましたが、家を丸洗いして、土壌を転地返しするということを一軒ずつやらなければなりません。こちらも一軒当たり100万円前後のお金がかかると言うことでした。
 もちろん、村の人に何の落ち度もありません。したがって、国の責任で全て除染するというのが筋です。しかし、現実には無限にお金を掛けていいということにはなりません。同じお金を掛けるのなら土地と家屋を買い取るとか、他の土地に村ごと移住してもらうとか方法があります。建前だけで論議すると生きたお金にはならないような気がしました。
 限られた資金ですから生きたお金にしなければなりません。ここは政治家が出て行って本音の話をしなければいけないと、視察を通じて深く思いました。

ファイル 401-1.jpg   ファイル 401-2.jpg
飯舘村長 館野典雄氏と           飯館村の田んぼにて除染作業を視察
現地対策本部にて会見

ファイル 401-3.jpg
飯舘村の出張所にて~吉田泉 財務大臣政務官と会見~
吉田泉議員は東日本大震災復興対策本部福島現地対策本部長を兼務されてます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー