記事一覧

放射能除去とTPP加盟問題

10月25日(火)
 先週から臨時国会が始まりました。今日は環境委員会を委員長として仕切りました。細野環境大臣の所信に対する質問で、民主、自民、公明の三党の5人が4時間半にわたって質問しました。
 環境省は瓦礫の処理と放射能の除染を担当していますので、質問もここに集中しました。瓦礫の処理が遅れているという指摘は相変わらず出されましたが、一番の課題は放射能に汚染された瓦礫の処理でした。
 実は昨日、松戸、柏、我孫子、流山の市長とその地域から選出されている議員3人で細野大臣のところに放射能汚染された物の処理を国で責任をもってやってくれるように陳情に行ってきました。
 前にも書きましたように、上記の4市では既に放射能汚染された焼却灰や剪定枝が処理場に入りきれないような状態に近づきつつあります。国の方針は県内で処理するということですが、千葉県でも受け入れてくれそうな市はありません。したがって、このままでは早晩、行き詰ってしまうことは明らかです。そうなる前に国できちんと処理地を確保して欲しいと申し入れたのです。
 また、4市は放射線値が高いことでも知られています。柏市では側溝の近くから極めて高い放射線が観測されました。子供を抱えるお母さんから不安の声が上がっています。特に内部被爆を心配している母親が多かったので、アトランダムで一つの小学校を選んで全生徒の内部被爆調査をしてくれとも頼んできました。
 今日の質問では、松戸などホットスポットも取り上げられ、市や県では対応できないことは国が責任を持って処理するようにという質問が出されました。細野大臣は自分が直接県に頼んでみると約束しました。
 ところで、党内ではTPP参加を巡って連日、論議が重ねられています。私はTPP参加には慎重に対処するべきだと主張しています。お隣の韓国は米国との間でFTAを結びました。最大の貿易相手国中国はTPPに参加していません。米国の隣のカナダもTPPに参加していません。
 TPP,FTA,EPAと幾つか自由貿易のための方法がありますが、その一つ一つについて日本にとってどんなプラスがあるのか、マイナスがあるのかきちんと検討されていません。また、TPPに参加するなら既に加盟しているオーストラリアやベトナムとどう共同して米国に対して有利な条件を引き出していくのかという交渉も行われていません。
 そうした中で日米関係が大事だからというだけで、APEC開催までに加盟を決めろと言うのは無理な話です。来月に参加しなければ締め出されると言うわけでもないので、もう少し時間をかけて検討したほうがいいというのが私の考えです。

ファイル 398-1.jpg ファイル 398-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー