記事一覧

処分に困る剪定後の樹木の処理

10月11日(火)
 今日は環境省の職員、松戸市の職員と松戸市の日暮クリーンセンターに行ってきました。松戸市はホットスポットと言われ、市内の公園や学校の校庭などからやや高い数値のセシウムが検出されています。
 松戸市の焼却場で樹木や草を焼却した灰から基準値の8000ベクレルを超える数値が検出され、松戸市では樹木の剪定後の枝や家庭からでる草花の焼却処分を止めています。焼却しない樹木が日暮クリーンセンター脇にある最終処分場に集められています。
 毎日沢山の樹木が持ち込まれ、この処分場も後数ヶ月で満杯になってしまいます。松戸市の最終処分場はここしかないので、ここが満杯になったら、後どう処理するか大きな懸案となっています。
 持ち込まれた樹木や草花の放射能値は4000ベクレル以下で、国が定めている8000ベクレルの半分なので、処分には問題ないのですが、受け入れてくれるところがありません。かといって焼却すれば濃縮されて数値が高くなり、これまた灰の処理のしようがありません。
 地元の大変な問題をなんとかしようと、今日、環境省の担当部長さんに実情を見てもらった訳です。
 ところで、既に6区の選挙区の方たちには私の新聞の秋号をポスティングしていますが、このブログを読んでくださっている方にも、公開します。早めに公開するとポスティングした意味がなくなってしまいますので、選挙区外の方には遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
 また、「分散型エネルギー新聞」に環境委員長としてインタビューを受けた記事が掲載されましたので、こちらも明日、アップします。原子力発電について答えていますので、ご覧下さい。

ファイル 397-1.jpg