記事一覧

理解に苦しむ指定解除

10月3日(月)
 先月30日に福島県の緊急時避難準備区域の指定が解除されました。報道によれば、一部の人は避難先から自宅に戻っているとのことでした。
 そうした人がいる一方、安全が保障されたわけではないと、依然として避難生活を続けている人もたくさんいることが報道されました。
 一体何を根拠に指定を解除したのか。政府の説明では原発の状態が改善して爆発の危険が無くなったということです。恐らく原発が冷温停止したことを根拠にして、今回の解除が決定されたものと推測いたします。
 しかし、本当に安全が確保されたと言えるでしょうか。冷温停止といっても原子炉の温度は100度をちょっと下回っただけ、とても冷温停止という状態とはいえないと思います。しかも、冷水を掛け続けていて初めて温度が沸騰点を僅かに下回るというのでは、とても安定した状態とはいえないと素人ながら思います。
 また、避難準備地域に指定されてから、住民の半分以上が避難をしています。病院も多くが閉じたままですし、商店なども一部しか開いていません。何よりも、放射能に汚染された土壌の除染も済んでいません。そんなところに解除されたから帰っていいといわれてもさぞかし住民の方たちは困っているのではないでしょうか。
 それなのに、どうして指定を解除したのか、私には理解できません。政府がやるべきことはきちんと除染をして、放射能の危険を無くすことです。また、生きていく上で必要な病院や商店、壊れている道路、学校などのインフラを整備することです。それをしないうちに指定を解除するというのはいくらなんでも無責任だと思いす。
 裏には原発が工程表どおりに安定化しているということを示したかったという意図が役人にあったのではないでしょうか。
 そんなことより、住民の命と生活が大事です。残念ながら私はこの決定に関与しておらず、発表を聞いてただ驚きました。野田政権が誕生して一ヶ月です。大事な節目のときに、この決定がなされたこと残念でなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー