記事一覧

臨時国会の延長について

9月16日(金)
 臨時国会の会期は4日間と当初決まりましたが、今日になって急遽、会期が延長され9月30日までとなりました。
 もともと4日間というのが短すぎたというのはありますが、予算委員会を閉会中審査でやろうとするなど、かなり無理をしていました。
 なぜそれほど無理をしなければならなかったのか。平野国対委員長の言葉を借りれば、新閣僚が慣れるまで、つまり勉強する時間が必要だから、予算委員会はなるべく遅くしたかったということのようです。適材適所の人事といってきた建前からすると少し変ないい訳です。
 ともかく、せっかく順調に滑り出したのに、早くも鉢呂経済産業大臣の辞任、閣僚の失言と残念な事態が続いています。それに加えて会期の延長です。
 野田総理の所信表明演説とそれに続く代表質問に対する答弁も、代表選挙の時の弁舌とは違って、官僚の作文を読んでいるという雰囲気が濃く、野田色をだすというには程遠い内容でした。
 野田内閣の任務は民主党に対する信頼を回復させ、震災復興を含めて実績を挙げることです。したがって、演説や答弁が多少まずくてもいいんです。ただ愚直に国民に訴えることが信頼回復につながることは確かで、ドジョウのような泥臭さだけは無くさないでほしいと思います。
 毎年二回だしている新聞ができました。例年ですと8月に出していたのですが、今回は代表選挙などもあり、延ばしていました。選挙区内には全てポスティングを致しますので、ご覧下さい。また、選挙区外の方には郵送で送ります。また、来週にはホームページでも公開しますので、ご覧下さい。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー