記事一覧

次の総理選び

8月11日(木)
 ようやく政治が動き出しました。特例公債法と再生エネルギー法成立の見通しが立ち、菅総理が正式に辞任の意向を表明しました。
 菅総理は辞めないのではないかという疑念が一部に根強くありましたが、私は一ヶ月ほど前に一緒に食事をしたときに、三法案さえ通れば辞めると菅さんが明言したのを聞いていましたので、今回の辞任表明に驚きは感じませんでした。
 菅さんの退陣が正式に決まりましたので、焦点は代表選挙に移りました。民主党の代表選挙には既に何人かが立候補を表明しております。次に総理になる人は、まず党内をきちんとまとめられる人、ネジレの中で野党ときちんと話が出来る人、震災復興をきちんと実現できる人がならなければいけません。
 東日本大震災の復興は東北だけの問題ではありません。もし、復興に失敗すれば日本全体が沈んでしまうことになります。復興をばねにして、日本全体を再浮上させる、そんな復興を実現できる人でなければいけません。
 ところで、来年には党員・サポーターを巻き込んでの代表選挙が行われますから、今回選ばれた代表は来年の代表選挙までの“つなぎ”という面が最初からあります。
スーパーコピーブランド専門店
ーパーコピーバッグN級品
スーパーコピー財布専門店
スーパーコピー小物N級品
スーパーコピージュエリーN級品
シャネルスーパーコピー
 では誰が適任か。私はここはベテランに出てもらうしかないと考えています。沢山の人が立候補して代表選挙をやれば、また党内はがたがたになります。それを乗り越え、党内を一本にまとめて、なんとか与党としての役割を果たせるように民主党を成熟させる、それができるのはベテランしかないと思います。
 では誰か。11期目のベテラン議員の鹿野道彦農水大臣が適任だと思います。いまは変なパフォーマンスはいりません。ひたすらまじめに復興に取り組むことができる人柄に掛けてみたいと考えています。
 鹿野さんは派手な人ではないので知らない人も多いかもしれません。実は私も良く知りませんでしたが、数週間前にお話をして、仕事をやり遂げるという信念を持った政治家だと確信を持ちました。今、最も必要なのは政治への信頼の回復です。そのためには信頼できる政治家が総理にならなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー