記事一覧

なぜ、こんな人を任命したのか

7月5日(火)
 昨日、被災地、岩手県と宮城県でとんでもない発言をした松本復興担当大臣が今日辞任しました。
 ニュースで見ましたが、何か大臣がとても偉いと誤解した発言で、見ていて自分も不愉快になりました。被災者の方が見たら、不愉快を通り越して怒り心頭に達したのではないかと思います。
 発言の内容もさることながら、上から目線で、俺の言うことを聞かなければ協力してやらないぞ的な発言は、被災地を思いやる心がないことが透けて見え、何ともやりきれない思いです。
 辞任は当然ですが、松本氏の人柄、仕事ぶりは分っていたはずで、その人を復興の最高責任者に任命した菅総理の責任は極めて重いといわざるをえません。昨日も菅総理は一言も発しませんでしたし、今日も辞任について発言をしていません。都合の悪いことには答えない、ということではとても国民の信頼を得ることはできません。
 もうここまできたら、やはり一日も早く辞めるしかありません。ここから先を続けても菅さんに歴史に残るような仕事ができるとは思えません。当人は最近やたら歴史という言葉を使っており、何とか歴史に残るような仕事をしたいという気持ちの表れだと思いますが、ことここに至っては、もう無理というしかありません。
 歴史に残る総理になりたかったら、就任早々から、もっときちんと自分がやろうとしていることを表明し、皆を説得する努力をしなければならなかったはずです。最早、後の祭りというしかありません。これ以上、総理の地位にしがみつくことは日本にとって大きなマイナスになります。地位にしがみついたという歴史的な汚点を残すよりも、きちっと身を処すしかありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー