記事一覧

もっと大人にならなければいけない民主党

6月2日(木)
 昨日、内閣不信任案が提出され、賛成少数で否決されました。採決の前日まで民主党内は不信任に反対、賛成で大混乱しました。
 野党が提出する不信任案ですから、そもそも賛成する人が本来いるはずはないのですが、それが沢山でるかもしれない、というところに今の民主党の最大の問題点があります。不信任に賛成するということは自分が選んだ民主党代表を否定するということです。もし賛成するなら、当然、民主党を離党してから投票するべきなのに、そんなことは考えもしないで、やれ、賛成だ、欠席だと騒いでいるのですから、話になりません。
 結局は、皆さんもマスコミでご承知の通り、代議士会で菅総理が「一段落したら退任する」と表明したことによって、党内の不満は一気に沈静化し、賛成したのは二人だけという結果になりました。
 私も以前、幹事長に「一段落したら退陣するから、そのときまで協力してといったほうがいいのではないか」と提案したことがありました。幹事長は「総理が退陣という言葉を口にしたら、途端に力を失うので出来ない」という返事でした。でも、結局はそれしか手が残されていなかったところまで追い詰められたということでしょうか。
 もっとも、菅さんの発言がなくても、賛成票を投じようとしたのは小沢グループのみで人数も20~30人程度に止まったというのが実態です。鳩山グループの人たちとも話をしましたが、鳩山さんだけが先走ってしまい、グループの人たちはそれを、なだめるのに一苦労したという話でした。
 野党が提出する不信任案に賛成するというのは、どんな理屈をつけても大義がありません。大義なき政治は成り立たないということです。
 もちろん、菅政権の震災に対する取り組み方が万全だとは私も思っていません。取り組みが遅い面が多々あるし、原発の対応では情報の出し方が、とても誠実とはいえません。政権に対する信頼が落ちたことは確かです。
 しかし、それだけで総理を辞めろというのはいくらなんでも乱暴です。野党が与党を批判するのは、仕事ですから、いいのですが、与党の中にいる人間がそれに同調するというのは自分が仕事をしていないというのを言っているのに等しいということが分っていないということです。
 民主党内の震災対策部会で意見を述べるということも出来まし、直接、大臣ないし副大臣などにこうするべきだということを直言することもできます。それをしないで、菅内閣は何もしていないと批判するのは全く理不尽な話です。
 そして今日です。鳩山さんが「約束を守らない菅さんはペテン師だ」と言い出しました。菅さんの退陣時期を巡っての発言です。菅さんが一段落したら退陣するという発言を巡り、一段落とは何時かということで、またぞろ混乱が生じています。
 鳩山さんは昨日は幹事長に対して「うそつき」呼ばわりしまた。そして今日は総理をペテン師と呼びました。いくらなんでも発言が過ぎます。もともと総理を辞めたら議員を辞めるというウソをついたのは誰なのか、自分だけ忘れているようです。鳩山さんも総理を務めた人ですから、もう少し冷静になってほしいものです。
 また、菅さんも辞めると決めた以上、具体的にこれとこれに目処をつけたら辞めますとはっきりと言ったほうが、混乱も収まるし、求心力も増すように思います。もうこれ以上の混乱は許されません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー