記事一覧

国民不在の永田町の動き

5月30日(月)
 民主党内に不信任案に同調する動きがあるということで永田町がざわめいています。不信任提出は今週か来週になるそうですが、可決されることはまずないと確信しています。
 その理由は、不信任案に民主党内で賛成する勢力があったとしても、先の展望が全くないからです。
 不信任案が可決されるには党内から80人以上の造反がなければなりません。そんなに大量の造反議員が出るのなら、今日当たりの永田町は騒然としていなければなりませんが、今日の永田町を見ても至って静かです。それだけ本気度が薄いということに他なりません。
 とはいっても永田町は一寸先は闇ですから、万が一、不信任案が可決されれば、衆議院解散、即選挙となります。不信任案に賛成した人は民主党を除名されますから、新党を立ち上げない限り、無所属で立候補しなければなりません。一体何人が選挙で勝ち残れるか、恐らく数人だけでしょう。
 また、可決されなくても、やはり除名されますから、党を出ていかなければなりません。私は受け皿があればそういうこともありうると、言ってきました。例えば自民党や、公明党、みんなの党などが受け皿となり、出てきた人を受け入れてくれるのなら、展望があるかもしれません。しかし、どこをみても不信任に賛成した人を受け入れてくれそうな党はありません。
 したがって、不信任案に賛成した人だけで新党を作らなければなりません。新党を作るにはお金がいります。政党助成金が出るのは新しい年度になってからです。だから民主党を出ても政党助成金は民主党に入り、新党に入るのは来年になります。そこまで資金的にもつはずがありません。
 民主党内でいつまでもゴタゴタが続くのは、もううんざりです。私的には不信任案に20~30人が賛成して出て行ってくれるのが一番です。そうすれば、党内が一致結束してこの難局に当たることができると思います。いつまでも火種を抱えたまま政権運営をすることはできません。ここで決着を着けられれば、それにこしたことはないと思います。
 ただ、分裂した民主党がきちんと機能するのかどうか、これはやってみなければ分りません。本当は、こんな内輪もめしている時間も余裕もないのですが、残念ながらこれが実態です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー