記事一覧

ODA削減について

5月24日(火)
 国際人口問題議員懇談会という伝統がある議連があります。ラオス、カンボジアなどで開催された会議に私も出席し、いまではこの議員懇の副会長兼国際協力部会長を務めております。
 今日はその国際協力部会がありました。外務省から平松賢司地球規模課題審議官も参加して午後開かれました。ここで問題になったのが、今回の一次補正予算で外されたODA予算でした。
 今回の補正ではODAで500億円削減というのが盛り込まれました。具体的に何を削ったのか知りませんでしたが、今日の会議で外務省から世界エイズ・結核・マラリア対策基金の拠出金159億円が全額削られたことが報告されました。
 基金ですからすぐに影響がでるものではないと、政府は説明したそうですが、この分野では日本は世界をリードしてきただけに、その影響はかなり大きいものがあります。
 ご承知のようにODA予算は毎年削減されてきました。一時は1兆円を越え、世界中から非常に高く評価されていましたが、いまでは6000億円程度にまでなってしまいました。ODAは日本の平和外交を象徴する予算で、これがあるが故に日本の外交力が強かったといっても過言ではありません。それを毎年減らということは日本の外交力を年々削ぐということで残念でなりません。
 ODAは国内に圧力団体がないので、一番削りやすいからと安易に削減する政府の姿勢にも問題があると思います。何とか二次補正で復活をさせなければいけない、ということで議員懇の意見はまとまりました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー