記事一覧

フィリピン訪問報告

5月8日(日)
 3日から7日までフィリピンを日本・フィリピン友好議員連盟の一員として訪問してきました。マニラではたくさんのフィリピンの政治家や経済人と会い、日本・フィリピンの友好を深めることができました。
 マニラ滞在中に私がゴルフをしたことが報道されたようです。どのような訪問だったのかをご報告いたします。
 私も連休中に被災地を訪問しようかという考えもありました。しかし、連休中はたくさんの政治家が訪問することを知っておりましたので、たくさん行くとかえって迷惑になると思い、連休前の5月1日にブログにも書きましたように宮城県を訪問しました。
 私の被災地訪問は3回目でした。行くたびに現地の市長さんともお会いし、要望を聞き、引き続き息の長い支援体制を取ることを約束してきました。また、ご承知のようにいち早く支援議連を立ち上げ、支援物資を持っていってもおります。
 連休中は通常ですと、議員外交の一環として議連の海外訪問があります。今年は議会が連休中にも開かれるということで、最後まで行けるかどうか、決定しませんでした。私には日比議連からと日中議連からそれぞれ議連のメンバーとして訪問しないかという話がありました。
 日本とフィリピンの関係は以前は大変緊密でしたが、ここ10年はむしろ停滞していました。そのフィリピンから昨年秋に議連の会長に就任したばかりの石井一参議院議員に来てくれないかという要請がありました。石井議員から私にお誘いがあったので、私はフィリピンとの友好関係は極めて大事だということから、喜んでお引き受けしました。
 訪問した初日の夜にはフィリピンの経済関係の方が歓迎レセプションを開いてくれました。翌4日にはエンリレ上院議長と午前中に会談しました。また、午後にはドリランフィリピン・日本友好議員連盟会長と会談しました。上院議長との会談にはゴルドバ電気通信委員長が同席しました。
 一連の会談では、震災に際してフィリピン政府からの支援に感謝するとともに、日本の被災状況について説明しました。フィリピン側からは、お見舞いの言葉と同時に、被災者がお互い助け合い、極めて冷静に行動し、略奪行為などが全く無かったことに感銘を受けたという話を頂きました。
 日本・フィリピンの関係について、人的交流が暫減しつつあることについて憂慮する発言がありました。フィリピンとして重要な問題は、日本企業にもっと進出してきてほしいということと、リタイアした日本人が気軽にフィリピンに滞在してほしいという要望が出されました。また、ドリアン委員長から、いま検討中のフィリピンの地デジ化について、日本方式を採用したいので協力してほしいという話がだされました。
 フィリピンも日本同様に地デジ化を進めることになっています。いま日本方式とヨーロッパ方式が競争しており、最終局面を迎えつつあります。日本方式を採用されることになれば、アジアでははじめてのこととなります。まだ方式を決定していないインドネシアなどでも注目しており、日本側としても、是非、日本方式を採用してほしい、そのための協力を惜しまないという話をしました。
 また、ドリラン会長から日比議連の訪問を要請があり、12月から来年の1月ぐらいで調整をするということで合意しました。
 この日の夜は同行した那谷屋正義参議院議員の奥さんの招待で、奥さんの実家で近所の人や親戚の方40人程度とのパーティに行きました。マニラから1時間ぐらいかかる郊外で、温かいおもてなしを受けました。
 5日はフィリピン側の要請で、リタイアした日本人が暮らしを楽しめる施設がフィリピンにはたくさんある、その場所を案内したいという話でした。最初に行ったのがゴルフ場で、そこには既に在フィリピンの日本人の方とフィリピン経済界の方が待っていました。是非、一緒にプレーしてほしいということで、ゴルフをいたしました。
 その後近くにある、日本人が滞在できるように作られた施設や、テニス場、競馬場などを見学しました。フィリピン側の説明によると、一ヶ月、日本円にして約6万円あれば、十分、これらの施設を楽しむことができるとのことでした。
 また、フィリピンには日本に出稼ぎに行き帰国した方がたくさんおり、介護を受ける際も日本語で十分対応できるという話も聞きました。日本とフィリピンは約4時間のフライトと近いですから、是非、来てほしいという強い期待の声がありました。フィリピンには日本のような四季はなく乾季と雨季だけですが、戦争があったにもかかわらず日本には好意をもっている人が多いだけに、十分、検討の余地はあるように思いました。
 6日は前日に引き続き、近くのリゾート地を見学しました。美しい海というと日本ではセブ島など飛行機で行かなければならないと思っていましたが、マニラから車で約2時間できれいな海のリゾート地があるということで案内されました。
 夜は41歳という若い上院議員と会食しました。フィリピンは日本と同様に二院制をとっています。下院はたくさんの議員がいて、任期3年で地域割りの選挙区制となっていますが、上院は定数24名で全国区のみで任期も6年と長く、力は上院の方が強いということでした。この上院議員も父親が下院議員をやっているということでした。
 フィリピンでは政治家の一家が経済活動をしているのがほとんどで、一家で大きな政治・経済力を持っています。この辺が、なかなかフィリピンが途上国から抜け出せない原因ではないかと思いました。もちろん貧富の差は日本の比ではありません。
 一人当たりの年間所得は2000ドル(約17万円)程度です。この上院議員に歳費を聞いてみたところ一ヶ月100万ペソ(1ペソ約2円)ということでした。約200万円ですから日本の議員の二倍程度で、たいへんな高額であることが分かりました。
 最終日の7日の午前中には前フィリピン・日本友好議連の会長で、副大統領も経験しているアンガラ上院議員と会見しました。アジアにおける日本の役割はますます重要になってくるので、震災に負けずにがんばってほしいという話がありました。
 今回の訪問で日本・フィリピンの友好関係を確実に深めることが出来ました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー