記事一覧

宮城県、まだまだ復興には程遠かった

5月2日(月)
 昨日、宮城県に津波の視察に行ってきました。福島、岩手には既に行っていますので、これで津波で大きな被害にあった三つの県を見たことになりました。
 宮城県は死者・行方不明の数が最も多かった県です。今回は今野東参議院議員の秘書さんの案内で県内を見てきました。仙台市から高速道路を南下して、最初に宮城県の最も南の町である山元町に行き、そこから北上するという形で視察しました。
 山元町から海岸に向かう道路に入ると、いきなり右手に巨大な瓦礫置き場が現れました。岩手県に行ったときは瓦礫が道路の近くに集めてあるだけでしたが、宮城では瓦礫をトラックで運び、大きな山の状態にまでしてありました。
 こうしたいわば瓦礫の山があちこちに出来ていましたが、それでも津波の被害は生々しく、岩手や福島で見たのと同じような赤茶けてところどころに家の残骸や漂流物が散乱するという津波の爪あとの風景が一面に広がっていました。
 海岸近くの坂元駅に行って見ましたが、残っているのはプラットホームの一部だけで、ここを電車が通っていた、まして私が普段使っている常磐線の延長線上にあるとはとても想像もつかない惨状でした。
 駅のすぐそばの海岸沿いに中浜小学校が建っていました。まん前に海が広がる絶景の小学校ということでしたが、体育館も校舎も津波にやられて、廃墟と化していました。ここでは小学生をとっさの判断で屋上に避難させたので、一人の犠牲者も出さなかったということでした。小学生たちは真っ暗な屋根裏部屋で一晩を過ごしたそうです。
 その後、亘理町に入り荒浜漁港を見ました。港の近くに塚があり、たくさんの新しい卒塔婆が立てられ、多くの人が手を合わせていました。連休中ということもあって県外からの見学者やボランティアの人たちもたくさんいました。漁港の近くが阿武隈川の河口となっていますが、この大きな川を津波がさかのぼっていったそうです。
 岩手は漁村から漁村までは山で区切られていましたが、宮城は広い平野なので見渡す限り津波にさらわれており、改めて津波がいかに多くの地域を飲み込んだのかが良く分かりました。
 隣の名取市に入り、閖上(ゆりあげ)小学校に行きました。ここは被害にあった方が中心となって瓦解した家の中から写真を取り出し、水で丁寧に洗って展示していました。たくさんの写真や記念の品が体育館の中にところ狭しと並べられ、いまでもたくさんの方が写真を探しに来ていました。またちょうどドイツのテレビ局も取材に来ていました。
 ここからさらに北上し仙台空港近くの工業団地に行きました。ほとんどの工場が瓦礫の整理の途中で、操業を開始するまでには、まだまだ時間がかかりそうでした。工場内には液状化しているところもたくさんありましたが、津波の前ではニュースにならなかったようです。航空大学校では飛行機がまだ、傾いたままの状態で放置されていました。
 仙台空港は既に開港していますが、津波で破壊された一階は一つの出入り口のみが使用可能で、国際線は閉鎖されたままでした。瓦礫の上を飛行機が着陸する様を案内してくれた秘書は「シュールな光景」と表現していました。
 空港から仙台市の中心部までの海側は新興住宅地になっていたそうですが、瓦礫が取り除かれており、一面野原でここに住宅地があったとは想像ができませんでした。多くの方が亡くなり、家があった場所に花束が添えられている光景もたくさん見かけました。
 仙台市から北部の石巻、気仙沼もひどい被害にあっていますが、今回は日帰りということもあり、いくことはできませんでした。
 復旧から復興へと国会では審議されていますが、あまりにも広い地域が被災しており、現地をみるととてもまだ復興の段階に入っているとはいえない状況でした。特に宮城県の場合は平野で仙台市という都会の周辺ということもあって、被災者がなかなか一箇所にまとまっておらず、どのように地域を再建したらいいのか、山間部よりも難しいように感じました。

ファイル 371-1.jpg ファイル 371-2.jpg
閖上小学校・                 荒浜港を見下ろす塚の上の花束
瓦礫から見つかった写真の山


ファイル 371-3.jpg ファイル 371-4.jpg
仙台空港に降りる飛行機               坂元駅
手前はビニールハウスのなみ

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー