記事一覧

続・続報

4月27日(水)
 続報ですが、どうにも埒が明かないので、今日の午後5時過ぎに官房長官に城島光力議員と一緒に、申し入れに行ってきます。城島さんは「動物の殺処分を禁止する議員連盟」の会長です。私が事務局長です。
 既に獣医さんらと共同して、どうしたら動物が救えるかの案は出来ています。その文書を官房長官に渡して、すぐに実行することを許可するように話してきます。結果を後ほど報告します。
 5時45分に枝野官房長官に会いまして、以下のような文書を渡すと同時に、「この問題は国の問題なのだから、直ちにきちんと対応すうように」と強く申し入れてきました。申し入れに行ったのは民主党内にある三つの動物関連議連の会長及び、事務局長の6人で、私ももちろん加わりました。

 『警戒区域内等からの家畜、ペットの移動等について
 4月22日、福島第一原子力発電所半径20km圏内が警戒地域に設定され、緊急事態対応対策に従事する者以外の立ち入りが禁止された。その結果、警戒区域内には、家畜やペットが放置されることとなっており、現時点でも、多数の動物が生存していると言われている。しかしながら、放置された動物は、十分なエサも与えられず、劣悪な環境にあることが予想され、こうした事態を放置すべきではない。
 ついては、政府におかれては、警戒区域内等における放置動物の取扱いについて、早急に対処方針を決定するとともに、関係府省および地方公共団体が相互に連携し、移動が可能な動物については、できる限り区域外に移動させるよう要請する。
 そのため、まず、警戒区域内等における家畜、ペットの現状について速やかに確認作業を行い、あわせて、移動が認められる基準、除染方法、移動先でのモニタリング、飼育管理のあり方など、移動に伴なう具体的なルールやプロセスを明示すべきである。
 また、移動させることが適当ではないと判断された家畜、ペットや、その遺骸の取扱いについても、明確な指針を示すことを要請する。   以上』

 「この問題は既に国際問題にもなっているし、国内でも沢山の人が心配している。私も環境省にずっと早く救出するように要請してきたが、今日になっても対策が採られていない。会議を繰り返しても問題は解決しないし、もう限界まで来ている命が尽きてしまう。とにかく今日中に政府として、立ち入り許可をだしてほしい。そうすれば、救出の準備はできている」ということを繰り返し枝野さんに言ってきました。
 枝野さんからは「良く分かりました、何とかしてみようと思います」という、返事を頂きました。私から今日中に記者会見して対応を発表して欲しいと、重ねて要求しました。いい政府の方針がでるものと期待しています。

続・続報

 続報ですが、どうにも埒が明かないので、今日の午後5時過ぎに官房長官に城島光力議員と一緒に、申し入れに行ってきます。城島さんは「動物の殺処分を禁止する議員連盟」の会長です。私が事務局長です。
 既に獣医さんらと共同して、どうしたら動物が救えるかの案は出来ています。その文書を官房長官に渡して、すぐに実行することを許可するように話してきます。結果を後ほど報告します。

続報

4月26日(火)
 続報です。今日も海江田さんと近藤さんに直接頼んでおきました。
 今日、これから官邸と環境省とで協議するということです。近藤さんも出て、なんとか対処するように発言するとのことでした。なんとかいい方向にいけばいいのですが。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー