記事一覧

バケツに穴が開いている

3月30日(水)
 ちょっと不謹慎かも知れませんが、原発への対応を見ていると昔聞いた「There is a hole in the bucket」という歌をどうしても思い出してしまいます。
 歌の内容は、バケツに穴が開いている。ワラで穴を埋めなければならない、でもワラが長すぎる。斧で切らなければならない。しかし、斧の刃の切れ味が悪い、じゃ研がなければならない。そのためには砥石がいる。砥石は乾いている。それじゃ水で湿さなければならない。水をどうやってもってくる。それにはバケツだ。そこで、thereis a hole in the bucket となって、歌が無限に続くというわけです。
 原子力発電所が壊れた。直さなければ、そのためには水で冷やさなければならない。水がないので海水で代替するしかない。しかし、海水を使いすぎると金属が錆びる。真水で冷却水を投入するしかない。それには電力がいる。しかし原発は壊れている・・・・と無限に続く作業を見せられているような気がしてなりません。
 もちろん、復旧作業は東電や関連会社の社員、それに自衛隊、警察、消防隊のみなさんが命がけでやっています。しかし、残念ながら事態が良くなっているのか悪くなっているのか素人のわれわれにはさっぱり分らず、毎日、不安だけが広がっていくというのが現状ではないでしょうか。恐らくこうした状況が最低でも半年は続くといいます。時間がかかるのはしょうがありませんが、なんとか事態が好転することを祈るばかりです。
 こんな中で4月1日からは統一地方選挙の前半戦が始まります。県連代表としての意気込みを100字以内で書けというので、次のようなコメントをだしました。「こういう時期の選挙ですから、本当の候補者の実力が問われると思います。各候補には政府と一体となって、どのように千葉県を立て直すのか、市の防災強化をしていくのか、という政策を中心に訴えてもらいます」
 候補者はたいへんでしょうが、選挙は民主主義の原点ですから、堂々と政策を述べて戦ってもらいたいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー