記事一覧

計画停電を本当の意味での計画的に

3月22日(火)
 被災地の現状を今日、仙谷官房副長官に報告に行ってきました。ともかくガソリンが足りない、これが最大の問題であることをしっかりと伝えてきました。また風評被害についても、政府が自信をもって確実な情報を国民に知らせることが大事であることを伝えました。
 いま私が一番心配しているのは、地震に伴って経済活動が停滞していることです。東京都内は余り停電していませんから直接の経済的被害は被っていませんが、計画停電が実施されている地域では実害が出ています。
 例えば、私の地元のパン製造所では停電中にパンの醗酵ができないので生産調整をしているという話でした。ガソリンと電気は経済活動のいわば血液です。これが無くては経済という命を維持することができません。
 計画停電ですから、きちんと経済活動に与える影響を最小限にとどめる様に政府がコントロールする必要があると思います。東電任せにするのではなく、広く経済界からも話を聞いて、最も被害が少なくなる計画停電をしなければなりません。
 それにしても20日に行った被災地のことが頭から離れません。私たちは一日で帰って普通の生活が出来ますが、現地の人はもう10日以上も非日常の中にいます。精神的にもかなりまいってきているはずです。政府も温泉旅館を借り上げるなどの措置をとっているようですが、東北地方に限らず、他の温泉地も借り上げる措置をとって欲しいと思います。
 温泉地もこの震災でどこも閑古鳥がないている状態です。そこに被災した方を移せば一石二鳥だと思います。今日も仙谷さんに言ってきましたが、私も実現するように努力します。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー