記事一覧

がんばろう日本

3月18日(金)
 今日で大震災から一週間が経ちました。時間の経過と共に今回の地震がいかに想像を絶した大きなものであったのかということが明らかになってきました。
 テレビ各局で津波が襲ってきた様々な場面を流していましたが、あまりの凄まじさに身のすくむ思いがしました。放映されている場面を撮っている方は生き延びた方ですが、飲み込まれてしまった人たちは、もはや言葉を発することもできません。
 何度も津波に襲われている三陸海岸でも、こんな大きな津波が襲ってきたことはないとのことでした。10メートルの防潮堤を楽々と越えてしまうんですから、いくら用心していても逃げようが無かったと思います。
 行方不明の方が1万人を越えていますので、今回の被災者、犠牲者の数は阪神淡路の大震災を大きく越えることは確かです。南北600キロにも渡って被害がでているのですから、復興させるまでが大変です。また、復興にこぎつける前に避難所で病気になるなど二次災害の危険性も桁違いに大きいものになっています。それだけに政府が果たす役割は極めて大きなものがあります。
 民主党も党内に対策本部を立ち上げ、法改正、ボランティア対応、寄付金集めなど多方面にわたって支援体制をとっています。また、国会としても議長のもとに私を含めた委員長が集まり、英知を結集して一日も早い復興目指して頑張っています。
 東電の原子力施設の問題がこれ以上拡大しなければいいのですが、まだまだ楽観できる状況にはなっていません。警察、自衛隊、消防隊の皆様が命を掛けて懸命の消火活動を行っています。なんとかこれ以上の被害の拡大を防いでくれればと願っています。
 関東地区は計画停電の影響で、経済活動にも大きな支障がでています。電気の供給不足は直ぐには解決できません。日本経済を電力不足の中でどう立て直すのか、早急に政府としての考えをまとめなければなりません。
 ただ、前向きに見れば、この未曾有の大震災を機に日本経済の体質を変えることも可能です。いい方向に日本を変えることで犠牲者の皆さんへの慰霊としなければなりません。ともかくみんなで頑張りましょう。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー