記事一覧

松戸市議選に立候補してくれた民主党候補に詫びるしかない

11月22日(月)
 昨日、松戸市議会議員選挙が行われました。松戸市は衆議院の選挙区で言うと私の6区と北部の7区とに分れています。今回、6区側では現職一人と新人6人が立候補しました。6人のうち4人は6区の公募に応募して来てくれた人でした。
 結果は公募してきた新人の二人が当選しただけで、後は全員落選ということになってしまいました。7区側は現職3人と新人一人全員が落選の憂き目にあってしまいました。
 選挙の当落ですから原因はいろいろあるでしょう。また候補者本人の事情もあったものと思われますが、やはり最大の敗因は民主党に対する逆風にあったと私は思います。応援で街頭に立っていても、民主党に対する批判を多く聞きました。
 候補者は反応がいいと言っていたのに、結果が着いてこなかったのは、外部的要因、すなわち民主党に対する不満が、候補者にぶつけられたとしか考えられません。せめて、先週末に柳田法務大臣が辞任していたら結果は違ったものになっていたのではないかと考えると、残念でなりません。
 今日もTBSのひるおびで言ったのですが、柳田法務大臣が辞任することは、党内で既に暗黙の了解となっていました。それにもかかわらず、先週末に辞任させずに、土日をまたいで月曜日に辞任させたという意味が分りません。土日のテレビでこの問題が取り上げられ続ければ民主党の支持率が大きな影響を受けます。そうした判断ができないのは何故なのか不思議でなりません。
 候補者はそれぞれが人生を掛けて立候補しています。自分の努力の及ばないことが原因で敗れてしまうのは、本当に申し訳なく思いますし、本人も納得がいかないことでしょう。
 このまま来年の統一地方選挙に突入すれば、松戸と同じような結果が全国ででてしまうのではないかと危惧します。一日も早く、民主党の体制を立て直さなければいけません。
 どう立て直すのか。不祥事による負の連鎖を断ち切らなければなりません。まず一つ一つの問題にきちんとケリを付けることです。しっかりとケリをつけないまま、すなわち責任を取らないままに、次の問題が出てくるから、国民の不満は募るばかりです。問題を先送りするのではなく、きちっと総理のリーダーシップのもとに、解決していくことが大事です。
 その上で、やはり民主党としての実績を、積み重ねていくことです。成果が上がってくれば、国民感情も変わってきます。もう破れかぶれに行動するしかこの苦境を脱出する手段はありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー