記事一覧

権力は世襲されるべきではない

 9月30日(水)

 北朝鮮で三男の金正銀氏が正日氏の後継者に決まったようです。金日成から三代に渡って権力が親子間で委譲されることになります。まさに金王朝と言っても過言ではないでしょう。
 権力が一族に独占されていても国民が幸せならまだしも、もちろん権力が独占されて幸せな国民などいるはずもなく、本当に北朝鮮の国民は不幸です。
 私は7~8年前に北朝鮮に行きました。11月でしたが、滞在期間中、ずっと寒い、暗いというのを感じ続けました。北朝鮮で一番いいホテルに泊まっていてこれですから、一般の人たちはさぞかし不便な生活をしているのだろうと推測しました。
 その時、ピョンヤンから板門店まで車で行きましたが、ほぼ2時間のドライブで途中すれ違う車が数えられるくらいしかありませんでした。いかに物資が出回っていないのか、この車の数で分りました。
 日本から見ると信じられないような苦しい生活をしているのに、国民から不満の声が外に漏れてきません。それだけ厳しい統制が行われていることが容易に想像できます。当時、どんどん北朝鮮にパソコンや携帯電話を送って、外部からの情報を国民が知ることが出来るようにすれば、事態は変わるのでは、と思いましたが、北朝鮮政府が強硬に次ぐ強硬路線をとったため、自由に物資を送るということも不可能になってしまいました。
 日本がどうにかできるものではありませんが、隣の国民として、何とかしてあげたいという気持ちはあります。国を開いても権力が維持できるような政策に転換するのが一番いいのでしょうが、強権体質を変えない限り、それは不可能でしょう。
 核開発をしたり6カ国協議をボイコットしたりという水際外交をいつまでも続けるわけにはいきません。東アジア安定のためにも北朝鮮がしっかりと国際社会の一員として迎え入れられるような国に変わってほしいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー