記事一覧

釈然としない船長釈放決定

9月24日(金)

尖閣沖漁船衝突事件で逮捕されていた中国人船長が今日午後、処分保留で釈放されるとの報道がなされました。日本政府は法令に則り粛々と処理するとしてきただけに、今日の措置は唐突な感じを誰もが受けたのではないでしょうか。
中国はこの事件を巡って極めて強い態度を取ってきました。閣僚級の交流を禁止したばかりでなく、青年の交流も中止、さらに温家宝首相自身が船長の釈放がなければさらなる措置をとると異例の声明も出しました。
今日になって新たに河北省で日本人社員4人が身柄を拘束されるというニュースや、レアメタルなどを日本に輸出禁止するという処分も出されていました。どこまでこの強硬措置がエスカレートするのだろうと懸念している中の措置でした。
日本政府はこれまで中国漁船が当たったというビデオを所持していると表明してきました。裁判まで明らかにできないと、このビデオは明らかにされていません。公判を維持しようというのなら、その通りでいいでしょうが、身柄を釈放する、すなわち不起訴処分なら公判が開かれる可能性が極めて低い。したがって現時点では、ビデオを公表しない理由はないはずです。
そうであれば、国際社会に向けて、日本のとった処置が正当なものであることを公表し、中国側にきちんと謝罪を要求した上で、人道的な理由から釈放するという形にでもするというのが最低やならければならなかったことではないでしょうか。
これでは、中国の圧力に屈して釈放したと言われてもしょうがありません。こうした前例を作れば、これから先も同じような圧力をかけられる可能性が強くなります。中国だけでなく、他の国に対しても日本は圧力に弱い国だという印象を与えてしまったことは日本外交にとって残念ながら大きなマイナスになってしまいました。
どうしてこういう判断になったのか、総理が米国に行っている状況の中ではよく分かりませんが、誰がどう判断したのかは、きちっとしなければなりません。
私はつい先日、空から尖閣列島を視察する機会がありました。海上保安庁の船も、たくさんの中国や台湾の漁船も空から目撃することができました。特段、緊張しているという状況ではありませんでしたが、事件は起こってしまいました。中国側は囲まれて逃げるときにぶつかったと主張しています。ビデオを公表しないと、これが国際的な“事実”になってしまうのではと心配します。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー