記事一覧

談合決着でなくて良かった

8月31日(火)
 昨日から今日未明にかけてのドタバタにうんざりしたのは私だけではないでしょう。総理を辞めた鳩山さんが間に入って、代表選挙について協議し、一時は菅、鳩山、小沢の三人によるトロイカ体制を作るということで一致したと報じられました。
 僅か二ヶ月前に政治と金の問題の責任を取って辞めたはずの二人がもう一度戻って、指導体制をつくる、こんなバカなことがあっていいはずはありません。また、密室の談合で人事を決めてしまう、こんなことをしたら国民の民主党に対する信頼は地に落ちてしまいます。
 今日になって厳しいマスコミの批判、また党内からも談合に対する批判が相次いだ結果、夕方になって、結局、両名とも代表選挙に出ることが決定しました。ともかく代表選挙をしないで終わらないでよかったと思っています。
 代表選挙を通して二人の政策をきちっと国民の前で論議をする、これを通して民主党に対する信頼を回復させることが大事です。党内では多数派工作が激しくなると思いますが、あくまでこれからの日本をどうするのかという政策を中心に選挙をしなければなりません。まかり間違っても買収まがいのことが起こらないように願っています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー