記事一覧

菅さんは代表選挙をやろうと呼びかけるべきだ

8月23日(月)
 本当に日にちが空いてしまい申し訳ありません。この欄ぐらい直ぐに書けるだろうと思われるかもしれませんが、やはりまとまった意見を言おうということになると、それなりに時間がかかるもので、ただ謝るしかありません。
 それにしても、いまの民主党の現状は、こちらも本当に申し訳ないと謝るしかありません。代表選挙を巡って、毎日、小沢だ、反小沢だという報道が繰り返されています。今の日本をどう立て直すか、そのために私はこう思うという代表候補の政策が報じられるのが当たり前なのに、どの派とどの派がくっつきそうだなどという報道ばかりされていたのでは、この暑い中たまったものではありません。
 菅さんは党内に、代表選挙をやろうと呼びかけるべきです。消費税や外交、日本経済の立て直し、年金・医療制度など社会保障改革について、みんなで開かれた議論をしようではないか、と菅さんが呼びかける。それに対して少なくとも3人以上が名乗りをあげ、開かれた議論をするしか今の民主党を立て直すことはできません。
 このまま小沢さんたちと妥協して代表選挙をやらないで続投すれば、求心力は極端に低下します。自分が続投したいのなら、堂々と政策を掲げて選挙を戦い、国民の支持を得て臨時国会に臨むべきです。いまだに菅さんからは、自分は何をしたいから続投させてくれというメッセージが出されていません。これでは私たちも判断のしようがありません。
 代表選挙にでるには20人の議員の支持が必要です。私も機会があれば出てもいいという気持ちもありますが、現実、20人を集めるのは殆ど不可能です。たとえ集まったとしても、直ぐに切り崩されます。先日開かれたリベラルの会でも代表選挙は何としてもするべきだという意見では一致しましたが、では誰がでるのかというところでは、行き詰ってしまいました。
 党員・サポーターの皆さんが参加しての代表選挙はもう8年間もなされておりません。毎年、「あなたの手で代表が選べます」といって協力を呼びかけていて、今回も、何もなしでは、とても党員の皆さんに顔向けができません。
 党が危機にあるいまこそ党員・サポーターの声を聞かなければいけません。その絶好の機会を逃してはいけないと思うのは私だけではないでしょう。代表選挙の立候補締め切りは9月1日です。それまでに何とかいい流れがでてくるように頑張ります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー