記事一覧

不毛の批判と答弁

7月30日(金) 
 昨日の両院議員総会は大混乱でした。発言した殆どの議員が執行部の責任を追及し、さながらつるし上げ大会のようになってしまいました。
 両院議員懇談会なら非公開なのですが、総会はオープンなので、あの混乱、醜態が全国に流されてしまいました。私が聞いていても嫌になってしまうのですから、普通の国民の方は、学級崩壊しているような政党に政権を任せておいていいのかと、疑問を持ったはずです。
 昨日の議題は参議院選挙の総括でした。惨敗したのは事実ですから、その原因を分析し、今後、それをどう変えて国民の信頼を回復するのかというのが、本来の議論の進め方です。しかし、昨日出てきた議論は責任を取れ一色でした。
責任を取って執行部が辞めたら、その後どういう体制で立て直すのか、何をどう立て直すのかという議論が全くありませんでした。まさに、代表選挙を睨んで、自分たちの力を誇示するために、大挙して発言したというのが、実態でした。
 大挙して責任論をぶち続ける方も情けないですが、それに対して、平身低頭、ただ謝り続ける執行部も情けないと思いました。職務を続けたいのであれば、責任は仕事をきちんとすることで果たす、とぐらい言わなければ、収まりはつきません。でもそんな積極的な発言はありませんでした。
 一方、昨日の議論では、「マニフェストをきちんと守らなければいけない」という意見と、消費税は上げるべきではないという意見が多数を占めました。執行部もできるだけマニフェストを守り消費税は上げないという約束をしました。
 財源が不足していてマニフェストを全てそのまま実行できないことは、誰でも知っています。マニフェストを守り、消費税も上げないということになったら、大規模な赤字国債を出すしか方法はありません。しかし、財源について誰も発言しませんでした。出来ないとわかっていることをやれと迫るほど無責任なものはありません。
 これが、昨日発言した人たちには分っているのでしょうか。これでは民主党に対する信頼が戻るどころか、ますます信頼が失われてしまいます。参議院選挙では、獲得票では自民党を上回っていたのを見ても、まだまだ政権を変えろというところまではいっていませんでした。いわばイエローカードです。しかし、昨日の有様をみて、国民の皆様がレッドカードに変えてしまうのではないかと心配します。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー