記事一覧

消費税10%発言について

6月21日(月)
 土曜日に千葉駅で菅総理と一緒に参議院予定候補者の選挙応援をしてきました。県連発表で3500人という大変な人出でした。その後仙台に行き、今日の早朝に講演をしてきました。
 話題は菅総理が消費税10%と発言したことです。菅さんは財務大臣に就任した頃から財政再建をしなければという発言を繰り返しており、消費税増税について発言したからと言って別に驚くことはありません。
 しかし、やはり参議院選挙前というタイミングと10%と具体的な数字を言ったことに、いろいろ意見が出されました。
 消費税をいずれ上げなければいけないということは広く国民にも支持されています。ただ、増税をお願いするには、その前に徹底的な無駄の削減を行うというのが、当然の前提となります。
 したがって、国民がこの増税発言を受け入れるかどうかは、無駄の削減が徹底的に行われたと思っているかどうかにかかっています。私はまだ無駄の削減は不十分だと思っています。事業仕分けも財務省がお膳立てしたものだけでなく、民主党が独自に調べて、来年、再来年と更に徹底していかなければいけないと思っています。
 また、大事なことは誰が考えても消費税の増税は景気にマイナスになります。景気回復に力強さが出てきたというのならともかく、まだまだ足元がおぼつかないうちに消費税増税を打ち出せば、景気の腰を折ることは間違いありません。
 今のタイミングでどうして菅さんが消費税増税を言い出したのか、その理由は自民党が10%と発表したことが大きかったと思います。消費税を焦点にして選挙を戦えば勝てないというのは過去の選挙が証明しています。ここで自民党と一緒に民主党も消費税10%を言えば、選挙で批判されることなく、増税が出来ると考えたのでしょう。
 私は余り感心しません。与党なのですから、消費税増税を言うなら、きちんと国民の皆さんに説明をし、納得してもらうという作業をしなければいけません。一緒に渡れば怖くない的発想で、こんな重要な問題を提起するべきではありません。
 ただ、言ってしまったことはもう戻りません。また取り消したりしたら国民の不信を招きます。だからこの際、消費税だけではなく、税の抜本的な見直しについて、民主党内で本格的な議論をし、発表することが大事だと思います。
 不公平税制の是正ということがずっと言われ続けてきたにもかかわらず、一向に進んでいません。政権交代したのですから、いまこそそれに取り組む、その中で消費税についてもきちんと議論する必要があると思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー