記事一覧

内閣と党の一新が必要だ

6月1日(火)
 鳩山さんの辺野古回帰発言、社民党の離脱、小沢幹事長と鳩山総理の会談と、民主党内が騒がしくなってきました。特に参議院からは公然と総理退陣論が出てきたようです。
 参議院側の言い分はこのままでは参議院選が戦えないというものだそうです。本当に全て選挙主義という“小沢イズム”が全党に蔓延してしまったようです。政治は選挙のためにあるのでありません。国民の生活のためにあります。選挙はあくまで国民のための政治を実現するためには勝たなければいけないというもので、勝つことそのものが目的ではありません。
 昨日、正副幹事長会議がありました。久しぶりに小沢幹事長が出席しました。その席で鳩山総理との会談について一任をしてほしいという発言をしました。総理と幹事長は何時も話をしているのですから、どうして会うことを一任なのか分りませんでしたが、どうも、一任というのは総理に退任を迫ることの一任という意味だったようです。
 私も総理は普天間基地の一連の騒動の責任を取るべきだと考えています。しかし、民主党の支持率低下や、参議院選挙に向けての逆風は総理一人の責任ではありません。政治と金の問題を巡り、小沢幹事長も渦中にあることを忘れてはいけません。総理一人が普天間の責任をとって辞任したとしても民主党の支持率が回復するとはとても思えません。むしろ、鳩山総理一人だけが辞めて、小沢幹事長が留任するようなことがあれば、ますます、この党は小沢さんがどうにでも出来る党というイメージが定着してしまい、取り返しの付かないことになってしまうのではないかと心配します。
 それに幹事長は総理に任命されています。任命されている幹事長が任命権者に辞任を迫るというのは逆です。そういう意味で対応を幹事長に一任をした覚えはありません。
 私は昨日の会議で、党内にもいろいろな声があるのだから、きちんと「両院議員総会」あるいは「両院議員懇談会」を開くべきだと主張しました。例によって、参加者から賛同する声はありませんでしたが、一応、幹事長からは「お伺いしました」という返事が返ってきました。
 そもそも論から言えば、今頃になって党内から批判の声がでるのがおかしいのです。民主党が国民から離れつつあるというのは、何も今に始まったことではありません。それなのに、これまで御身大事でだんまりを決め込み、いよいよ自分の選挙が危ないとなったら声を上げる、これでは国民の皆様から本心をすぐに見透かされてしまいます。
 世論調査に現れた数字以上に民主党に対する逆風は強いものがあります。参議院の候補者が駅立ちをしていると、罵詈雑言、中には体をぶつけてきたり、つばを吐きかける人までいるそうです。こんな中で選挙戦を戦う新人は本当に気の毒です。
 やはり、この際、内閣も党も人事を一新し、反省するべき点は反省し、再生民主党の姿をきちんと見せて、参議院選挙に臨むべきだと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー