記事一覧

自民に新党、民主も変革を怠ってはならない

4月8日(木)
 自民党の一部が分離して「たちあがれ日本」という新党を作ることになったようです。若い人たちへの拡がりが欠け、何とも寂しい出発となるようですが、私はこの動きに注目しています。
 なぜなら、これは自民党が変わろうという意思を持っていることを意味しているからです。何とかしなければいけないという思いは、今や民主党より自民党の方が強いように感じられます。
 民主党は政権を取ってしまったことに安心してしまい、どうも自分から変わろうという意思を放棄してしまった観があります。政権を取ったら、野党から与党に変わるわけですから、当然、与党に相応しい党に体質転換しなければなりません。それを怠れば、政権党としての役割を十分果たせないことは言うまでもありません。私が政権党に相応しい政策研究所を作れと言ったのも、こうした観点からでした。
 自民党はこの新党をきっかけに変わっていくと私は予想します。このままでは選挙で負け、党の存在すら危うくなります。生き残りのための必死の変化を遂げていくのではないかと私は想像します。
 その時に民主党が、政権の座に胡坐をかき、変革を怠れば、前回の自民党と同じ轍を踏んでしまうのではないかと、懸念するのは私だけではないと思います。
 ともかく、参議院選挙までに、党の体質を明るく開放的に変化させ、まず党に対する信頼を回復させることです。その上で、本格的に脱官僚政治をするための党改革を推し進めなければならないと私は思います。そうでなければ政権交代をした意味がなくなってしまいます。
 ところで明日発売の文藝春秋に私の「小沢幹事長室180日」という手記が掲載されます。二週間前に書いたものですが、読んで感想でも送って頂ければ幸いです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー