記事一覧

いずれはきちっとモノをいいます

3月31日(水)
 29日に正副幹事長会議がありました。当初私はこの会で、小沢幹事長にきちんと物を申し上げて、しかるべき処置を取ろうと考えていました。しかし、考えを変えました。
 なぜなら私の発言を受けても、残念ながら党内から大きな声が上がってきませんでした。このまま、私が発言を続けると、折角言おうと思っている人が言うチャンスを失ってしまうかもしれない。ここは少し黙っていて、党内の反応を見るべきだと判断しました。
 私は「いまのままでいいのか」という問題提起をしました。周りの議員の話を聞いても、反応はかなり大きかったことは確かです。しかし、まだそれが具体的な行動に繋がってはいません。一人一人がどうすればいいのか、悩んでいる証拠だと思います。それらの声が醸成したら、いずれ大きな声になってくるものと確信しています。
 政府内で普天間移設問題が大詰めを迎えています。今日の党首討論でも話題になりましたが、まだ政府案はまとまっていないということです。こんな時に党に政調があれば、政府と違った観点から提案ができるのにと思うと残念でなりません。
 沖縄視察に行ったときに、米軍の普天間司令官は沖縄以外では朝鮮半島や台湾で万が一有事が起こった時に対応ができない。それがグアム移転の最大のネックだということでした。これでいくと、沖縄以外に移設するのは不可能となってしまいます。
 グアムへ移転するためには日本に有事の際の対応がきちっと取れればいいということになります。本土にいる米軍や自衛隊では即時対応ができないというのなら、即時対応ができる体制を作ればいい。逆にそうしない限り、沖縄から基地を移転することは出来なくなってしまいます。こういう様々な意見を党内から出せば、政府だけが窮地に追い込まれることを防げると私は考えます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー