記事一覧

国対正副委員長会議への出席について

3月25日(木)
 私が昨日の国対幹部と委員長会議に欠席したことが、今日報じられました。司会役の鈴木議員が「連絡もなく欠席」と発言したようですが、実は今日になって、鈴木さんのほうから、「国対から生方さんの事務所に連絡をしていなかった、申し訳なかった」との連絡をもらいました。こちらも連絡がない会議に出席するわけにもいかないので、テレビ出演の日程を入れた訳で、批判される類の話ではありません。
 さらに私が朝の国対正副委員長会議に出ていないと、報道されていますが、そのことについて説明します。私は水曜日に行われる国対幹部と委員長会議には欠席したことはありません(安保委員会の沖縄視察で一回は欠席)。国対正副委員長会議の会議は国対の副委員長(各委員会の筆頭理事からなる)が委員会の運びについて連絡をする会です。出たほうがいいでしょうが、議員はいろいろな会議の中で、自分が最も出なければならない会に出席しています。
 私は国対担当の副幹事長です。役回りは国対で起こっていることで幹事長室で対応しなければならないことがあれば伝える、また逆に幹事長室で国対関係の案件があれば、それを国対に伝えるということです。
 したがって、正副の会議に出なくても一日一度国対に顔を出して、様子を見ていれば、業務に何の支障も生じません。また、正副幹事長会議は二週間に一度ですから、毎日、対応する必要もないわけです。
 あたかも私が熱心に仕事をしていなかったかのような印象を与え、私が問題提起した事の本質から目を逸らさせようという意図がどこかに感じられて嫌です。私は幹事長室で決められた陳情の対応や、議員立法に関連した会議、また正規の正副幹事長会議や木曜日の会議には欠かさず出席しています。決して副幹事長の仕事をないがしろにしていたわけではありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー