記事一覧

平山郁夫先生の思い出

12月3日(木)
 平山郁夫先生が亡くなりました。10年前の中国国慶節の際に北京でお会いしました。一連の行事が終わった後で、天安門広場の脇にある国立博物館を一緒に見学させて頂く機会がありました。
 ちょうど、中国の地方都市で最近発掘(10年前の最近です)されたばかりの仏像の展示が行われていました。その中の何十点かは、ニューヨークで展覧会をするという、貴重な仏像がたくさん並んでいました。
 だいたい1時間に渡って、直接、平山先生から仏像一点一点について説明をして頂きました。歴史的背景から仏像の仕草が表している意味、時代によって仏像がどう変化してきたのかなど、実に興味深い話を聞かせて頂きました。自分一人でみていたら、20分くらいで終わってしまい、おそらく何の印象にも残らなかったはずですが、平山先生のおかげで、実に中身の濃い1時間になったという思いを強く抱きました。
 今年の60周年記念の国慶節でもお会いできるのかと楽しみにしていましたが、体調を崩しているという話で心配していました。そして昨日のニュースです。残念というしかありません。先日、平山先生と、中国の画家、王伝峰さんが作った「日中平和友好条約締結30周年」という画集を王さんから送って頂いたばかりだっただけにびっくりしました。
 先生は画家としてだけでなく、文化財の保護や日中友好にも多大な貢献をなさいました。ご冥福をお祈りします。
 さて、国会は今週で終わりです。私は陳情の受付と陳情の仕分けという仕事が残っておりますので、これからも国会へ行くことになります。事業仕分けは予算をカットするというのが主たる仕事でした。しかし、陳情の処理は、どうしても生活や命を守るために必要な事業はやらなければならないと、政府に要求するのが目的です。
 これまでの陳情は地元の議員が受け付けるというスタイルでした。これだと、どうしても利害が絡んで、族議員が誕生してしまうという弊害がありました。しかし、今回は地元と関係のない私のような議員が陳情を受け付けておりますので、客観的に判断できるところが違っています。
 どの陳情も地域にとっては重要だということが、一連の陳情を聞いて、よく分かりました。なんとか出来るものはなんとかしたいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー