記事一覧

与党が質問しないということについて

10月27日(火)
 昨日は鳩山総理大臣の所信表明演説が行われました。総理になってからの初めての演説で注目しておりましたが、期待に違わず、自分の言葉でしっかりと国民の皆様に訴える迫力がありました。
 これまでの自民党の所信表明は、官僚の書いた作文をただ棒読みするだけで、何の感動も驚きもありませんでした。やはり政権交代によって、国会も変わるのだということを昨日は実感しました。
 明日からは代表質問が始まります。民主党は政府と与党とは一体という考えから、代表質問を行わないと決定しています。これまでの与党質問は、質問をするというより、政府の考え方を国民に知らせるという目的から行われてきました。したがって、中身がなく、時間の無駄でした。
 こうした無駄を排するというのが民主党の考え方のようです。代表質問はともかく、今日聞いたところでは、予算委員会での質問も民主党はしないという方針のようです。このままいくと、他の委員会も予算委員会に習って、質問をしないということになりかねません。これでは、国会の空洞化と批判されても仕方がないように感じます。
 政府に対して質問をすることによって、その法案の問題点をあぶりだして行く。そして必要があれば修正するというのが、与党の議員としての勤めです。それを最初から放棄するというのは、やはり民主主義の原則から逸脱しています。きちっと、与党としても中身のある質問をする、そういう新しい伝統を作っていくべきだと私は考えます。
 私は今回、安全保障委員会と、海賊・テロ委員会に所属しました。沖縄の米軍基地移転問題、給油法の延長問題などを審議する重要な委員会です。日米地位協定を見直す、朝鮮半島を安定させる、そして在日米軍基地を撤退させる、これが私の最大の課題です。それを実現するには最もいい委員会と選択をしました。
 皆様のお知恵を拝借したいと思いますので、どしどし意見をお寄せ下さい。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー